1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ビールのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ビールのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ビール

ビールは数あるアルコール飲料の中で、最も有名と言える存在。複数人で居酒屋に入ったとき、とりあえずビールを注文するのが常識の一部となっています。アルコール度数が低めなことから、お酒に弱い方でも比較的、口にしやすいですね。ただ、独特な苦みを持つことから、飲みにくいと感じる方も少なくないようです。今回はそんなビールのカロリーや糖質を見ていきましょう。

ビールのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはビールのカロリーから見ていきましょう。

ビールの種類カロリー(100gあたり)
ビール40kcal
黒ビール46kcal
スタウトビール63kcal

お酒のカロリー量はアルコール度数に依存するところがあるため、ビールはお酒類の中でみれば低カロリーな方です。中には100gあたり200kcalを超えるお酒もありますからね。重さに対してのカロリーは少ないほうと言えるでしょう。

ただ、ビールは他のお酒類に比べて飲む量が多い傾向にあり、一般的な缶でも1本あたり350g程度あります。1缶のカロリーは140kcal前後でしょうか。1缶くらいなら、食事の量を少し抑えることで摂取できそうですが、2缶、3缶と量が増えてくると危なそうです。

それでいて、アルコール系の飲料を飲み始めると、酔いが回って自制心がきかなくなるのだから厄介です。ビール腹という言葉もありますし、ダイエット中のビールはほどほどにしてくださいね。

ちなみに、スタウトビールはアイルランドやイギリスなどで主に作られる、色が濃いビールのこと。一般的なビールに比べてアルコール度数が高く、同時にカロリーも高くなっていますので、摂取の際はより注意が必要でしょう。

ビールの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にビールの糖質を見ていきましょう。

ビールの種類糖質(100gあたり)
ビール3.1g
黒ビール3.6g
スタウトビール4.9g

ビール1缶の場合は約3.5倍の数字になりますので、一般的なビールだと10.9gの糖質量です。スタンダードな糖質制限では1食あたりの糖質を40g以下に抑えなくてはなりません。つまり、ビール3缶でギリギリ、4缶ならアウトです。

とはいえ、食事の糖質とは別に摂取するのですから、実際は3缶でもアウトの可能性が高いです。そのため、糖質制限に向いているか向いていないかでいえば、向いていない方でしょう。糖質制限中なら摂取量をできるだけ抑える必要がありそうです。

また、お酒の種類を変えるのもひとつの手かもしれません。同じお酒類でも焼酎やウィスキーなど、いわゆる蒸留酒は糖質をほぼ含まないのです。

ビールの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にビールの脂質を見ていきましょう。

ビールの種類脂質(100gあたり)
ビール0g
黒ビール0g
スタウトビール0g

普通のビールだけでなく、黒ビールやスタウトビールも脂質0ですので、脂質が気になる方でもまったく問題なく摂取することができます。カロリーオーバーや糖質オーバーからくる肥満はありえそうですが、脂質オーバーからの肥満はまずないと思って大丈夫そうです。

脂質をほぼ含まないのはビールに限らず他のお酒類も同じですね。お酒類を飲む際に気にするべきはカロリーと糖質だと覚えておいてください。ただ、おつまみについては別で、中には高脂質なものも多いため注意が必要です。

カロリーや糖質の低いビールを選ぶ

ポイントを教える女性

テレビCMなどでご存知の方も多いと思いますが、数あるビールの中にはカロリーや糖質が抑えられたものも存在します。ダイエット中に気兼ねなくビールを飲みたいのなら、そういった商品を選ぶのがいいでしょう。中にはカロリーや糖質が通常の半分程度まで抑えられた商品もありますので、多少なら飲みすぎても平気かもしれませんよ。

仕事終わりにビールを飲む習慣がある方は、ぜひカロリーや糖質が抑えられた商品を選んでみてください。また、おつまみも低カロリー、低糖質なものを選びましょうね。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.