1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ロースのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ロースのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ロース

牛の背中部分にある肉のことをロースと呼びます。このロースという名前は和製英語であり、もともとはロースト(焼く)からきているそうです。つまり、焼くことに適した部位ということで、実際、ステーキやローストビーフなどに愛用されています。そんなロースのカロリーや糖質などを見ていきましょう。

ロースのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

ロースは大きく「肩ロース」と「リブロース」に分けることができます。肩ロースは名前から分かるように肩の部分を指しており、柔らかくきめ細かい肉質が特徴です。リブロースは肩ロースの後ろ部分にある肉のことで、肉質に優れ霜降りが入りやすいとされています。同じロースでも肩ロースとリブロースではカロリーが違ってきますので、表を作成してみました。

ロースの種類カロリー(100gあたり)
和牛肩ロース411kcal
和牛リブロース468kcal
輸入牛肩ロース240kcal
輸入牛リブロース263kcal

和牛、輸入牛共に肩ロースよりリブロースの方が高カロリーですね。また、和牛と輸入牛を比べてしまうと、2倍近くカロリー差があると分かります。これは脂肪の量が違うためでしょう。日本人は霜降りの多い牛肉を好みますが、海外では赤身の方が好まれるようです。そのため、日本人好みに作られた和牛はどうしてもカロリーが高めになってしまいます。

脂肪分が美味しいのも確かですが、カロリーを気にするなら和牛ではなく赤身の多い輸入牛にしておくのが無難でしょう。とはいえ、輸入牛もカロリーが低いとは言えませんね。100g程度ならまだしも、200gも300gも食べてしまえばカロリーオーバーを起こしてしまいそうです。輸入牛だからと言って油断しないように気を付けてください。

ロースの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次はロースの糖質を表で確認しましょう。

ロースの種類糖質(100gあたり)
和牛肩ロース0.2g
和牛リブロース0.2g
輸入牛肩ロース0.1g
輸入牛リブロース0.3g

カロリーとはうってかわり、糖質はどれも低い数字ですね。そもそも、肉類は牛にしても豚にしても鶏にしても糖質が低め。また、部位による差も極端にはありません。そのため、糖質制限ダイエット中なら和牛でも輸入牛でも問題ないでしょう。好きな方を少し多めに食べても、スタンダード糖質制限の目安である1日あたり40gを超えることはまずありません。

ロースの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

カロリー、糖質ときたら最後は脂質も確認しましょう。

ロースの種類脂質(100gあたり)
和牛肩ロース37.4g
和牛リブロース44g
輸入牛肩ロース17.4g
輸入牛リブロース19.5g

脂質とは油のこと。つまり、脂肪の量が多い和牛が高脂質なのは当然と言えるでしょう。とはいえ、少し高脂質すぎますね。女性なら和牛リブロース100gだけで、1日分の資質を摂取してしまう勢いです。そのため、和牛ロースを食べるにしても、少し量を抑えておくのがいいでしょう。

和牛に比べれば低めなものの、輸入牛も決して低いとは言えない脂質量ですので合わせて注意してください。そもそも、肉類は脂質が高いことが多いため、脂質が気になるなら食べ過ぎに気を付けなくてはなりません。

ダイエット中にロースを食べる時の注意点

ポイントを教える女性

ダイエット中にロースを食べるなら、注意してほしい点が2つあります。

  • ご飯や付け合わせに気を付ける
  • 味の濃いタレに気を付ける

まず、ご飯やステーキの付け合わせに登場するポテトやコーン。これらは非常に糖質が高いため、糖質制限中なら避けておくのが無難です。特にご飯は1杯で約55gの糖質量。いくらロースの糖質が低くとも、ご飯だけでスタンダード糖質制限の目安を超えてしまいます。

また、焼き肉のタレなど、味の濃いタレは砂糖などが多めに使用されていると予想されます。つまり、カロリーや糖質が高いと考えられるわけです。焼き肉などの際はタレを避け、塩にしておくことでカロリーや糖質の上昇を防げるでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.