1. ダイエットレスキュー
  2. 食品コーヒーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

コーヒーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

コーヒー

徹夜のお供と言えばコーヒー。コーヒーと言えば徹夜のお供ですよね。コーヒーはカフェイン含有量が多く覚醒効果があると言われていることで有名な飲料です。本来は焙煎したコーヒー豆を挽いてから抽出するため飲むまで手間がかかりますが、最近はインスタントが主流となっており、1日に3杯も4杯も飲む方も少なくありません。今回はそんなコーヒーのカロリーや糖質をまとめました。

コーヒーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはコーヒーのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
コーヒー4kcal
紅茶1kcal
緑茶2kcal

今回はコーヒーに並んで有名なお茶類とカロリーを比較してみました。この比較だけでみるとコーヒーがやや高カロリーに見えるかもしれませんが、100gあたり4kcalは確実に低カロリーです。25gで1kcalですからね。やや大きめのカップで1杯が200gくらいあったとしても、8kcalにしかなりませんので安心して口にすることができます。

カロリーだけで考えれば1日5杯飲んでも、10杯飲んでも大丈夫でしょう。ただ、カフェイン含有量が多い飲料ですので実際は1日2杯や3杯程度に抑えておくのがよさそうです。

また、コーヒーのカロリーは砂糖やミルクの有無で変わってきます。上記の数字はブラックのもので、ここに砂糖やミルクが加われば当然ながら数値はアップするわけです。コーヒーシュガーは1個で15kcal前後、コーヒーフレッシュは1個で14kcal前後を持ちます。ダイエット中は多くても1個ずつ程度にして飲むのがいいでしょう。

コーヒーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にコーヒーの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
コーヒー0.7g
紅茶0.1g
緑茶0g

糖質も紅茶や緑茶に比べて高めなものの、飲料全体でみれば確実に低糖質な方ですので安心してください。スタンダード糖質制限の目安は1食あたり糖質40g以下ですから、よほどの飲みすぎでなければコーヒーが原因で糖質オーバーにはならないでしょう。

ただ、上記はあくまでもブラックを前提とした数字であり、砂糖やミルクを加えた場合は話が別です。コーヒーフレッシュについては糖質をほとんど含まないため大きな問題はありませんが、コーヒーシュガーについては使用量がそのまま糖質量につながると考えてください。

たとえば、コーヒーシュガーが1個で4gだったとしましょう。その糖質量はおそらくほぼ4gですから、1個入れるだけでコーヒーの糖質は5g近くなってしまいます。2個なら10g近く。これだとさすがに糖質制限向けとは言えませんね。

糖質制限中にコーヒーを飲むならできるだけブラックで。苦くて無理だと思えば少量の砂糖やミルクを加えましょう。

コーヒーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にコーヒーの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
コーヒー0g
紅茶0g
緑茶0g

紅茶や緑茶も含め、脂質はほぼ含まれていません。そのため、脂質が気になる方も安心していただくことができます。また、砂糖にも脂質が含まれないことから、脂質的に言えばコーヒーシュガーの使用も問題ないでしょう。

ただ、コーヒーフレッシュについては100gあたり21.6g程度の脂質を持ちますので、使い過ぎには注意した方がよさそうです。1個か2個の使用なら大した脂質量にはならないものの、1日3杯も4杯も飲むなら話が変わってきますからね。

ブラックコーヒーでも3杯程度に抑えよう

ポイントを教える女性

ブラックコーヒーであればカロリーや糖質をあまり含まないため、少し多めに摂取しても問題ないように思えますが、カフェインを含有することから1日3杯程度に抑えておくのがおすすめです。

カフェインは覚醒効果などがある一方で、過剰摂取は体によくないと言われますからね。水のような感覚でコーヒーを飲んでいる方は気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.