1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ヒレのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ヒレのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ヒレ

ヒレはフィレやヒレ肉とも呼ばれる、牛や豚の腰部などからとれる肉のこと。サーロインに並ぶ最高部位であり、柔らかくてきめ細かい肉質が特徴です。脂肪が少ないことから、よくステーキやカツに用いられますね。今回はそんなヒレのカロリーや糖質、脂質を紹介します。

ヒレのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

ヒレと言っても牛や豚でカロリー量は変わってきますね。まずは表でヒレのカロリーを確認しましょう。

ヒレの種類カロリー(100gあたり)
和牛ヒレ223kcal
輸入牛ヒレ133kcal
豚ヒレ115kcal

このように、牛と豚を比べると豚の方が低カロリー。和牛ヒレと豚ヒレでは2倍近くの差があります。当然ながら味や食感は変わってきますが、カロリーが気になるなら和牛ヒレは諦めて豚ヒレにするのもいいでしょう。また、輸入牛のヒレであれば豚ヒレとそう変わりません。ちなみに、他の部位のカロリーは以下のようになります。

部位カロリー(100gあたり)
輸入牛サーロイン298kcal
輸入牛リブロース268kcal
豚ロース263kcal
豚もも183kcal

こうしてみると、ヒレは他の部位に比べて低カロリーなことが分かりますね。そのため、肉類の中では比較的、口にしやすい部類と言えるでしょう。とはいえ、100gあたり200kcal越えの食品を200gも300gも食べてしまえば、調味料なども合わせてカロリーオーバーの危険性が出てきます。他の部位と比較すれば低カロリーだが、食品全体で見ればそうでもない。これをきちんと意識しておきましょう。

ヒレの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にヒレの糖質を見ていきましょう。

ヒレの種類糖質(100gあたり)
和牛ヒレ0.3g
輸入牛ヒレ0.3g
豚ヒレ0.2g

糖質については、どんぐりの背比べ状態ですね。どれも100gあたり1g以下の糖質量ですので、糖質制限ダイエットを進めている方なら特に避ける必要はないでしょう。そもそも、肉類は他の部位も糖質が低めです。

部位糖質(100gあたり)
輸入牛サーロイン0.4g
輸入牛リブロース0.3g
豚ロース0.2g
豚もも0.2g

どれもヒレと大差ない数字です。そのため、糖質制限ダイエットであれば好きな部位を食べて大丈夫でしょう。肉類は鶏も含めて糖質制限の強い味方です。少しでも糖質を抑えてたくさん食べたい方は肉類を上手く活用してください。

ヒレの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にヒレの脂質も確認しましょう。

ヒレの種類脂質(100gあたり)
和牛ヒレ15g
輸入牛ヒレ4.8g
豚ヒレ1.9g

脂質ではカロリー以上に顕著な差が見られますね。和牛ヒレと豚ヒレでは8倍近くもの差があります。和牛は日本人の好みに合わせるため、脂肪を多くしているようですし、おそらくそれが原因でしょう。脂質が気になる方は和牛を避けるのが無難そうです。ちなみに、他の肉類の脂質は以下のようになります。

部位脂質(100gあたり)
輸入牛サーロイン23.7g
輸入牛リブロース19.5g
豚ロース19.2g
豚もも10.2g

他の部位も確認すると、和牛ヒレですら脂質が低かったと分かりますね。そもそも肉類は全体的に脂質が高めです。その中でヒレは脂肪が少なめなことから、比較的、低脂質の傾向にあります。

カツなどの揚げ物に注意

ポイントを教える女性

今回紹介した数字は、全て調理前の状態。つまり、何も手を加えていない状態のものです。味付けを薄めにしたステーキなどであれば問題ないと思いますが、カツなど揚げ物にしてしまうとカロリーや脂質が一気に上昇しますので、カロリー制限などでダイエットを行う方は気を付けてください。

また、ステーキであっても付け合わせにポテトやコーンなどがあると糖質摂取量が上昇します。糖質制限の際はライスはもちろんのこと、ポテトなど高糖質な野菜類にも注意しましょう。おすすめとしては適度に焼いて塩で食べる方法でしょうか。タレだとカロリーや糖質を多く含みますが、塩であればカロリーや糖質がほぼ含まれませんよ。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.