1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ハンバーグのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ハンバーグのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ハンバーグ

子供から大人まで大好きな定番料理のひとつと言えば、ハンバーグですね。カレーやグラタンなどと並んで人気のあるメニューで、今やハンバーグ専門店も少なくありません。そんなハンバーグのカロリーや糖質、脂質などは気になりませんか。今回はこれらの情報について調べてみました。

ハンバーグのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まず、完成品であるハンバーグのカロリーから見ていきましょう。

  • ハンバーグのカロリー:268kcal/1個(約120g)あたり

今回は1個120gのやや小さめのハンバーグを想定してみました。そのため、外食店などで登場するハンバーグはもう少しカロリーが高めかもしれませんが、自宅で作成する小柄なハンバーグであれば、上記の数字前後といったところでしょう。次に、ハンバーグに使う材料のカロリーも確認しましょう。

材料カロリー(100gあたり)
挽き肉224kcal
たまねぎ37kcal
パン粉373kcal
151kcal

こうしてみると、つなぎに使うパン粉や卵のカロリーが意外と高く見えますが、これは100gあたりの数字であり、実際に使う量はもっと少なめですので、極端に気にすることはないでしょう。言ってしまえば、ハンバーグのカロリーの大半を占めるのは挽き肉です。

つまり、この挽き肉のカロリーを何とかして減らすことが出来れば、ハンバーグのカロリーも自然と落ちるわけです。玉ねぎは野菜類らしく低カロリーですので、少し多めに入れるくらいがちょうどいいでしょう。

ハンバーグの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

気になるハンバーグの糖質も調べてみると、以下のようになりました。

  • ハンバーグの糖質:14.8g/1個(約120g)あたり

やはり、肉類がメインとなるだけあって糖質は低め。糖質制限ダイエットには適した料理と言えそうです。

材料糖質(100gあたり)
挽き肉0.5g
たまねぎ7.2g
パン粉59.4g
0.3g

材料ごとの糖質については以上のようになります。玉ねぎの量やパン粉の使用量が増えれば、ハンバーグの糖質が増えると考えて間違いありません。特にパン粉は少量でもけっこうな糖質を持つため、糖質制限でダイエットを進めるなら注意が必要でしょう。

また、糖質は味付けによっても左右されます。甘めのソースなどをかけると糖質が上がることも多いので気を付けましょう。

ハンバーグの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

ハンバーグの脂質はどのくらいでしょうか。

  • ハンバーグの脂質:16g/1個(約120g)あたり

脂質の摂取目安は女性で1日あたり48g前後。つまり、1食あたりだと16g前後なわけで、ハンバーグ1個とちょうど同じくらいです。ただ、サイズによっては脂質が20gや25gを超えることもありますので、安心はできないでしょう。ちなみに、材料別の脂質は以下のようになります。

材料脂質(100gあたり)
挽き肉15.1g
たまねぎ0.1g
パン粉6.8g
10.3g

やはり脂質の原因の多くはメインとなる挽き肉にありますね。カロリーと同じく、挽き肉の使用量を抑えれば脂質を減らすことができそうです。卵も脂質が高い材料ですが、こちらは1個に使う量がそこまで多くないので極端に気にすることはないでしょう。

豆腐ハンバーグでカロリーカット

ポイントを教える女性

ハンバーグのカロリーや脂質が高いと思えば、豆腐を使って少しアレンジしてみませんか。要は豆腐ハンバーグにしてカロリーを抑えようということです。豆腐は挽き肉に比べてカロリーが低いヘルシーな食材です。

種類カロリー糖質脂質
絹ごし豆腐(100g)56kcal1.7g3g
木綿豆腐(100g)72kcal1.2g4.2g

もちろん、カロリーだけでなく脂質も挽き肉に比べて低め。糖質だけはやや高くなってしまいますが、1gも変わりませんので大きな問題はないでしょう。豆腐ハンバーグはダイエット向け定番料理であり、今や多くのレシピがネットや本に掲載されていますので、そちらを参考にぜひ作成してみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.