1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ミスタードーナツのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

ミスタードーナツのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

ミスタードーナツ

ミスタードーナツは非常に知名度の高いドーナツ屋。一般的なドーナツからポン・デ・リングなどの変わり種まで様々な種類のドーナツを取り揃えています。また、期間によって特別なドーナツを提供することもしばしば。セール時には多くのドーナツが100円程度で購入できるため、たくさんの人が集まることでも有名です。

今回はそんなミスタードーナツのメニューのカロリー、糖質、脂質を見ていきましょう。

ミスタードーナツのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

ミスタードーナツのドーナツは実にバリエーション豊かで、その種類は数十種類におよびます。今回はその中から定番となるドーナツのカロリーを比較していきましょう。

メニューカロリー(1個あたり)
ハニーディップ230kcal
シュガーレイズド221kcal
チョコリング268kcal
カスタードクリーム219kcal
エンゼルクリーム206kcal
ポン・デ・リング232kcal
オールドファッション364kcal
フレンチクルーラー170kcal
ハニーチュロ216kcal

こうしてみると、種類によってカロリー差があるとわかりますね。フレンチクルーラーなら200kcal以下ですが、オールドファッションなら350kcalを超えてしまいます。そのため、ダイエット中はどのドーナツを選ぶかも重要になってくるでしょう。

ただ、フレンチクルーラーでも低カロリーとは言えないのが辛いところです。ドーナツは小麦粉を用いるため、それなりに満腹感を得られるとはいえ、あくまでも間食です。間食は100kcal以内で収めるのが理想と言えるでしょう。

とはいえ、完全に食べるのを禁止してしまうのもストレスになりますので、1日1個程度なら許容範囲としておきましょう。ただ、食事との合計カロリーが高くなりすぎないよう、食事のカロリーを少し減らしておいた方がいいとは思います。

また、オールドファッションシリーズ以外から選択することも忘れないでください。このシリーズは他のバリエーションも高カロリーです。

ミスタードーナツの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にミスタードーナツのメニューの糖質を見ていきましょう。

メニュー炭水化物(1個あたり)
ハニーディップ24.1g
シュガーレイズド21.5g
チョコリング23.3g
カスタードクリーム24.2g
エンゼルクリーム19.8g
ポン・デ・リング27.3g
オールドファッション28.6g
フレンチクルーラー15.8g
ハニーチュロ25.3g

上記は炭水化物量ですので、糖質はもう少しだけ低い数値かもしれません。ただ、ドーナツは小麦粉を用いて作るお菓子ですので糖質が高めなのは確かです。おおむね、1個あたり25g前後はあると考えておきましょう。

スタンダード糖質制限では1食に40gまでしか糖質を摂取できませんから、2個の摂取はアウトの可能性が高いですね。フレンチクルーラーやエンゼルクリームならギリギリ2個でも40g以下に収められますが、ドーナツ2個で食事を済ませることになります。

そのため、糖質制限中にミスタードーナツを使用するのは難しいかもしれません。ドーナツ以外のメニュー、スープなどであれば糖質は低めなものの、これを注文する方はそういないでしょう。

ミスタードーナツの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にミスタードーナツのメニューの脂質も見ていきましょう。

メニュー脂質(1個あたり)
ハニーディップ13.0g
シュガーレイズド13.1g
チョコリング17.3g
カスタードクリーム11.9g
エンゼルクリーム12.6g
ポン・デ・リング12.9g
オールドファッション21.9g
フレンチクルーラー11.1g
ハニーチュロ11.0g

ドーナツは揚げる工程が入りますから、脂質も高めですね。1食の脂質摂取目安が16~20g程度しかないのに対して、ドーナツ1個で15g前後の脂質を持っています。脂質的に考えても2個の摂取はアウトです。最も脂質の高いオールドファッションに関しては1個でもアウトと言えるでしょう。ドーナツの食べ過ぎによる脂質オーバーには十分注意してください。

ダイエット中ならベジポップがおすすめ

ポイントを教える女性

ミスタードーナツではベジポップと呼ばれる、ヘルシー志向のドーナツを提供しています。

メニューカロリー炭水化物脂質
ベジポップ(いちごとトマト)65kcal8.5g2.9g
ベジポップ(りんごとにんじん)65kcal8.4g2.9g
ベジポップ(パインとほうれんそう)65kcal8.6g2.9g

上記のように、ベジポップはカロリーや炭水化物、脂質が低めです。そのため、ダイエット中ならベジポップシリーズを選ぶのがおすすめ。3個入りも販売しているようなので、注文してみてはどうでしょうか。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.