1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ココイチのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

ココイチのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

ココイチ

ココイチは黄色い看板で有名なカレー専門店。がっつりした肉系のカレーから、ヘルシーな野菜系のカレーまで幅広いラインナップを取り揃えています。また、小腹がすいた時にぴったりのハーフサイズやサイドメニューが用意されているのも嬉しいところです。

今回はそんなココイチのメニューのカロリー、糖質、脂質について紹介します。

ココイチのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはココイチのメニューのカロリーを見ていきましょう。

メニューカロリー(1人前)
ポークカレー755kcal
ビーフカレー871kcal
チキンカツカレー1200kcal
たっぷりあさりカレー823kcal
エビにこみカレー834kcal
やさいカレー845kcal
ヤサイサラダ18kcal
CoCo de チキン344kcal

上記はライス量を普通(300g)にしてポークソースを選択した場合の数字です。一般的なカレーライスも800kcal前後ありますから、ココイチのメニューが特別高カロリーということはありませんが、成人男性のカロリー摂取目安は1食あたり600~700kcalですので、そもそもカレー自体が高カロリーということになります。

要は、ココイチのカレーをライス量普通で食べてしまうと、カロリーオーバーになる恐れが高いわけです。特にチキンカツなど揚げ物を使用したカレーはカロリーが高く、1杯で1000kcalを超えることも珍しくありません。

ポークカレーを少し残して食べるという手も考えられますが、あまりおすすめはできませんね。ココイチにはハーフサイズと呼ばれる、通常の半分程度まで量を抑えたメニューがありますので、ダイエット中はそれとサラダを注文するのがいいかもしれません。

ただ、サラダもソーセージやフライドチキンが乗ったものだとカロリーが高めになりますから、上記で紹介したヤサイサラダのようにシンプルなものを選びましょう。

ココイチの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

ココイチのメニューの糖質は公表されていないためわかりませんが、ライスの量が普通盛りで300gというのは分かっています。ライス300gの糖質量は約110.4gですね。ここにカレールーが乗ると、最低でも120g前後はありそうです。

糖質120gといえば、ちょうどスタンダード糖質制限1日分と同じ量。つまり、ココイチのカレーを1杯食べると、それだけで1日分の糖質を摂取してしまうことになります。ハーフサイズにしても60g前後ですから、糖質制限にはまず向きませんね。

ココイチではポークソースやビーフソースなど、いわゆるルー部分をサイドメニューとして提供していますので、糖質制限中はそちらとチキンなど糖質が低いと思われるメニューを中心に注文するといいでしょう。ココロッケやフライドポテトは芋類なことから糖質が高めと予想されますので気を付けましょう。

ココイチの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

ライスは300gでも0.9g程度の脂質量ですので問題ありませんが、ルーの方が10g前後は脂質を含んでいると思われます。また、チキンカツなど揚げ物が使われたメニューだと、脂質が20gや30gになる恐れもありますね。そのため、脂質量を抑えたいのなら肉系のカレーは避けることをおすすめします。

また、サイドメニューだとフライドポテトやココロッケ、CoCo de チキンなどの揚げ物が高脂質でしょう。サラダは基本的に低脂質ですが、ドレッシングの種類によっては脂質が高めになります。

ソースの選択にも注意が必要

ポイントを教える女性

メニューによりますが、ココイチにはポークソース、ビーフソース、ハッシュドビーフソース、甘口ポークソースなどのソースが存在します。この中で、最もカロリーが低いのは甘口ポークソースとなっています。

辛いものが好きな方には物足りないかもしれませんが、少しでもカロリーを抑えたい場合にはおすすめです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.