1. ダイエットレスキュー
  2. 食品アイスクリームのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

アイスクリームのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

アイスクリーム

暑い夏に欠かせない存在と言えば、やはりアイスクリームですよね。30度を超えるような炎天下の日でもアイスクリームがあれば乗り切れる。そんな方も少なくないと思います。今回はアイスクリームのカロリーや糖質、脂質などについて紹介しますので、ぜひダイエットの参考にしてみてください。

アイスクリームのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

アイスクリームと一口に言っても、一般的なものからアイスミルクやラクトアイスなど様々な種類があります。種類によってカロリーが変わってくるので、まずは表で各カロリーを確認しましょう。

種類カロリー(100gあたり)
アイスクリーム180kcal
アイスミルク167kcal
ラクトアイス224kcal
ソフトクリーム146kcal
シャーベット127kcal

一般的なアイスクリームは乳脂肪以外の脂質が加えられてないうえ、乳固形分が15%以上で乳脂肪分が8%以上のもの。アイスミルクは乳固形分が10%以上で乳脂肪分が3%以上のもの。ラクトアイスは乳固形分が3%以上のものです。

ラクトアイスの場合は油脂の添加が認められているため、一般的なアイスクリームよりも高カロリー。アイスを食べるにしても、ラクトアイスは避けた方がいいかもしれません。ソフトクリームは空気量が多いことから、シャーベットは氷を用いることからカロリーが低めですね。

一般的なアイスクリームよりも、シャーベットなどの方がダイエット向きと言えるでしょう。とはいえ、どれも決して低カロリーとは言えませんので、サイズの大きな商品や小さいものでも食べ過ぎには注意してください。

アイスクリームの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にアイスクリームの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
アイスクリーム23.2g
アイスミルク23.9g
ラクトアイス22.2g
ソフトクリーム20.1g
シャーベット28.7g

一般的なアイスクリームを始め、どのアイスも高糖質ですね。糖質摂取量の目安はスタンダード糖質制限で1食あたり40g以下ですので、どれにしても100g食べるだけで1食分の半分を超えてしまいます。それでいて、アイスクリームはお腹にたまりにくく、大した満腹感を得られません。

もし、糖質制限中にアイスクリームを食べるつもりなら、事前に食事の糖質を減らしておくのがいいでしょう。食事の糖質を20g以下に抑えておけば、何とか小さめのアイスクリームを口にすることができます。

アイスクリームの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

アイスクリームの脂質がどの程度かも確認しましょう。

種類脂質(100gあたり)
アイスクリーム8g
アイスミルク6.4g
ラクトアイス13.6g
ソフトクリーム5.6g
シャーベット1g

一般的なアイスクリームよりラクトアイスが高脂質なのは、先ほども言ったように油脂の添加が認められているからでしょう。そのため、脂質を気にするのならラクトアイスは避けるのがよさそうです。一般的なアイスクリームやアイスミルクも決して低くは無い数字ですので、食事との合計脂質が目安を超えないよう気を付けてください。

シャーベットについては氷を使用することから非常に低脂質。この程度の脂質であれば、摂取を控える必要もなさそうです。

アイスクリームを食べるとカロリーが消費される

ポイントを教える女性

アイスクリームを食べることで当然ながら体温が下がりますよね。その下がった体温を戻す際、代謝がよくなりカロリーが消費されるため、アイスクリームは一般的な甘味に比べて太りにくいとも言われているのです。もちろん、食べた分のカロリーが全て消費される、なんていう都合の良い話はありません。

ただ、饅頭やケーキ類などを食べるよりは、アイスクリームの方がいいかもしれません。とはいえ、特にカロリーの高いラクトアイスなどはおすすめできませんね。また、ダイエット中なら食べる量を抑えることも忘れないでください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.