1. ダイエットレスキュー
  2. 食品チーズケーキのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

チーズケーキのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

チーズケーキ

なめらかな口どけやふわふわした食感、チーズ特有の甘みがたまらないチーズケーキ。昔はケーキと言えばショートケーキやチョコレートケーキが有名でしたが、最近はチーズケーキもすっかり定番商品のひとつになっていますね。今回はそんなチーズケーキのカロリーや糖質、脂質を紹介しましょう。

チーズケーキのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

みなさんはチーズケーキと聞いて、どのようなものを想像しますか。実はチーズケーキと一口に言っても種類は様々。代表的なものとして、クッキー生地のサクサク感が魅力の「ベイクドチーズケーキ」、膨らんだ見た目でふわふわの食感をもつ「スフレチーズケーキ」、クリームチーズにゼラチンなどを用いて作る「レアチーズケーキ」があります。それぞれのカロリーは以下になります。

チーズケーキの種類カロリー(100gあたり)
ベイクドチーズケーキ358kcal
スフレチーズケーキ264kcal
レアチーズケーキ377kcal

1切れの重量がおおよそ100g前後ですので、上記が約1切れ分と考えても間違いではありません。ただ、商品によってサイズは異なります。大きめの商品を購入する際は、上記より高いカロリー摂取を覚悟してください。さて、こうしてみると分かるように、チーズケーキの中でもスフレチーズケーキは低カロリー。カロリー制限中、最も口にしやすい種類と言えそうです。

とはいえ、それでも250kcal以上ありますので、カロリー制限中なら警戒しておくのがいいでしょう。1食に摂取できるカロリーを600kcalとした場合、ほぼ半分を持っていかれてしまいます。ベイクドやレアチーズケーキについては1切れで半分以上。食事のカロリーを200kcal程度に抑えなければ安心して食べることができません。

チーズケーキの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に各種チーズケーキの糖質もチェックしていきましょう。

チーズケーキの種類糖質(100gあたり)
ベイクドチーズケーキ19.1g
スフレチーズケーキ16.1g
レアチーズケーキ18g

先ほどと同じく1切れほぼ100gという前提で進めましょう。糖質摂取量の目安がスタンダード糖質制限で1食あたり40gですので、どれにしても半分程度の糖質を摂取することになってしまいます。食事の糖質を半分程度に抑えたうえでの摂取でなければ、糖質オーバーは確実かと。一応はスフレチーズがやや低糖質ですが、油断はしないようにしてください。

チーズケーキの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に各種チーズケーキの脂質についてです。

チーズケーキの種類脂質(100gあたり)
ベイクドチーズケーキ27.7g
スフレチーズケーキ18.4g
レアチーズケーキ30.8g

レアチーズケーキについては100gで脂質が30gオーバーですね。脂質の摂取目安は男性でも1日あたり63g前後ですので、レアチーズケーキ1切れでほぼ半分。ここに3食の脂質が加われば摂取量が100gを超えることもあるかもしれません。また、ベイクドやスフレチーズケーキについても高めの脂質量ですね。

これは、チーズケーキにクリームチーズやクリームなど脂質の高い材料が用いられるからでしょう。クリームについては100gで45gもの脂質を持ちますからね。そのため、チーズケーキに限らずケーキ類は基本どれも高脂質と考えてください。

生クリームを控えてカロリーや脂質を下げる

ポイントを教える女性

チーズケーキが高カロリー高脂質なのは生クリームのせいと言っても過言ではありません。そのため、生クリームの使用を控えたり、ヨーグルトと混ぜることでカロリーや脂質を抑えることができます。

食材カロリー糖質脂質
生クリーム(100g)433kcal3.1g45g
プレーンヨーグルト(100g)62kcal4.9g3g

カロリーの差は約7倍、脂質については10倍以上もの差があるのです。ダイエット中でもチーズケーキを我慢できないという方は少なくないようで、ネット上にはダイエット向けチーズケーキのレシピが数多く存在します。ぜひ、そちらも参考にしつつ、チーズケーキのカロリーや脂質などを抑えてみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.