1. ダイエットレスキュー
  2. 食品バーミヤンのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

バーミヤンのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

バーミヤンは貴重な中華料理のファミリーレストラン。いわゆるファミレスはどうしてもパスタやハンバーグ、カレーなど人気のメニューが多いため、中華が食べたいと思ったときには重宝しますよね。価格が抑えられていて使いやすいのも嬉しいところです。

今回はそんなバーミヤンのメニューのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

バーミヤンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはバーミヤンの人気メニューのカロリーを見ていきましょう。

メニューカロリー
餃子(6個)510kcal
小籠包(4個)349kcal
北京ダック682kcal
黒豆板醤のコク旨マーボ豆腐505kcal
ホイコーロウ769kcal
豚肉とキクラゲの玉子炒め1224kcal
香港風酢豚718kcal
海老の熟成豆板醤チリソース671kcal
豚肉のチンジャオロース511kcal
チャーハン802kcal

中華料理は油を多めに用いるため、野菜を中心としたメニューでも意外とカロリーが高めです。マーボ豆腐やチンジャオロースなら600kcal以内に収まりますが、ライスをつけると800kcalを超えてしまいます。

しかし、マーボ豆腐やチンジャオロース1皿で満腹かというと微妙なところです。また、多くのメニューは700kcalを超えていますし、カロリー制限中に利用しやすいとは言えないでしょう。利用するならチンジャオロースの単品などにしておいてください。

サイドメニュー感の強い餃子も意外とカロリーが高く、他のメニューと組み合わせれば1000kcalを超えてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

バーミヤンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

残念ながらバーミヤンでは糖質の公表をしていません。ただ、中華料理は主食を含まないものが意外と多いので糖質は低めかもしれません。

たとえば、チンジャオロースの糖質は一般的なものなら100gあたり3.5gしかありませんし、ホイコーローも4.8g程度です。また、マーボ豆腐も4g程度と糖質制限中に食べやすい数値ですね。後はライスを頼まなければ大丈夫だと思われます。

ただ、餃子や小籠包は皮部分が小麦粉で出来ていますから注文しないほうがいいでしょう。また、当然ながらチャーハンやラーメンもアウトです。

バーミヤンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

中華料理は油を多めに用いますから脂質は高い傾向にあります。たとえば、チンジャオロースなら100gあたり11.8g、ホイコーローなら12.8g、マーボ豆腐なら9.1gなど。これらは一般的な数値ですので、バーミヤンのメニューに合致するとは限りませんが、基本的に脂質は高めと考えてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.