1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ナタデココのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ナタデココのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ココナッツ

ココナッツの汁を原料にして作られるナタデココ。以前の大流行したときのような爆発的な人気はありませんが、あの独特な食感が好きだという人は多いのではないでしょうか。ただし、デザートとして使われることが多いので、実は太るのではないかとダイエット中だと気になりますよね。

ここではそんなナタデココがダイエットに向いているかどうかと、カロリーや糖質の値をチェックながら説明していきます。

ナタデココのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

それではまず、ナタデココのカロリーについて見ていきましょう。

  • ナタデココのカロリー:73kcal/100gあたり

本来のナタデココのカロリーは、ほぼ0kcalです。この73kcalというのはシロップがかかっている状態の値です。文部科学省の食品データベースでのナタデココが、シロップ漬けのものになっているため、73kcalとしています。

ただ、食品として購入してきたものはシロップ漬けのものが多いため、やはりこれくらいのカロリーは摂取してしまいます。ただ、それほど大きな値ではありません。1人前で100gを使ったとしても73kcalです。カロリー制限中の間食として、これくらいであれば許容範囲内に収まります。

ナタデココの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

それでは次に糖質についても見ていきましょう。

  • ナタデココの糖質:19.2g/100gあたり

ナタデココの糖質も、ほとんどがシロップによるものです。ナタデココそのものの糖質は1g以下と言われていますので、本来はかなり低糖質でダイエットに向いています。ところがシロップ漬けを使った途端に、糖質制限に向いていない食品になります。

スタンダードな糖質制限で摂取していい糖質量は1食あたり40gまでです。100g分をデザートや間食で食べるのは、明らかに糖質オーバーです。糖質制限で食べたいときには、シロップ漬けでないものを選びましょう。

ナタデココの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

ダイエット中に気になるのはカロリーや糖質だけではありませんよね。脂質も気になる人がいると思いますので、ナタデココの脂質も見ていきましょう。

  • ナタデココの脂質:0.0g/100gあたり

ナタデココには脂質が含まれていません。ココナッツの汁から作られていますので、脂質ゼロで脂質制限をしている人に向いている食品のひとつです。脂質に関してはシロップの影響も受けません。カロリーや糖質が気にならないのであれば、好きなだけ食べてかまいません。

シロップが気になるという人は、水に浸したり、お湯で軽く茹でたりして表面上のシロップだけでも取り除くようにしましょう。もっとも、そこまでするくらいなら最初からシロップなしのナタデココを選びましょう。

ナタデココに似た食品との比較

ポイントを教える女性

ナタデココはシロップ漬けかそうでないかで、ダイエットに向いているかどうかが大きく変わりますが、似たような食感の食品と比べると、どちらのほうがダイエットに向いているのでしょう。プルプル感がたっぷりのタピオカ、そして見た目も似ている寒天と比較をしてみます。

種類カロリー糖質脂質
ナタデココ73kcal19.7g0.0g
タピオカ62kcal15.2g0.0g
寒天0kcal0.0g0.0g

ナタデココよりもタピオカのほうがカロリーも糖質も少なめだという結果になりました。ただし、タピオカでも糖質はやや高めです。糖質制限をしているのであれば、タピオカもNGですので違う食品を選びましょう。

そこでおすすめなのが寒天です。寒天は海藻から作られていますが、カロリーも糖質も、脂質もほとんど含まれていません。寒天はとてもダイエットに向いた食品ですので、シロップ漬けになっていないナタデココが見つからないときには寒天で代用してください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.