1. ダイエットレスキュー
  2. 食品串家物語のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

串家物語のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

串家物語は串に刺さった食材を自分で揚げて楽しむお店。好きな具材だけひたすら食べるも、バランスよく様々な具材を食べるも自由です。串揚げは大阪のメニューというイメージですが、関東にも多くの店舗があるため、意外と気軽に利用できます。

今回はそんな串家物語のメニューのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

串家物語のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

串家物語では各メニューのカロリー量を発表していません。ただ、油をたっぷり使う揚げ物ですから、低カロリーということはないでしょう。

たとえば、メニューに牛肉や豚肉があります。部位にもよりますが、牛肉は100gあたり371kcal、豚肉は386kcalもあるといわれているのです。串1本の重さが30gだった場合、牛肉が111kcal、豚肉が116kcal。ここに衣や油のカロリーが加わりますから、1本あたり最低でも150kcal前後はあると思われます。

つまり、4本も食べれば限界。5本目に手を付けようものならカロリーオーバーです。また、具材のカロリーが低いものでも、揚げ物にすれば衣と油のカロリーで50kcal程度は増えてしまうでしょう。このことから、カロリーを気にせずバクバク食べるというわけにはいきません。

食べ放題だと、ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、お腹いっぱいになるまで食べれば1000kcalオーバーも十分にありえそうです。基本的に串家物語はカロリー制限と相性が悪いと考えてください。

串家物語の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

パン粉を用いるのは気になりますが、油は脂質を含みませんから串家物語は意外と糖質制限向けかもしれません。具材も肉類や魚介類、一部を除いた野菜類なら低糖質でしょう。パン粉の量を抑えておけば1本あたり5g以下も十分に実現可能だと思われます。

ただ、かぼちゃ、レンコン、玉ねぎ、ミニ鯛焼き、たこ焼き、ドーナツあたりは糖質が高そうです。また、デザートにチョコフォンデュやミニケーキなどが用意されているものの、これらは高糖質ですので摂取を避けてください。

串家物語の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

油は重さとほぼ同じだけの脂質を含んでいます。そのため、油をたっぷり用いる串揚げは高脂質だと考えられます。たとえば、牛肉の串が1本30gだと想定すると、具材の脂質だけで10gくらいです。ここに7gの油が吸収された場合、1本の脂質は17gにもなってしまいます。

しかし、脂質摂取目安は1食あたり16~20gですので、2本も食べることができません。脂質の低い具材を用いたときも、1本あたり7g前後の脂質はみておきたいところ。脂質摂取量を気にする方に串家物語はおすすめできそうにないです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.