1. ダイエットレスキュー
  2. 食品クアアイナのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

クアアイナのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

クアアイナ

クアアイナはボリュームたっぷりなハンバーガーを提供するお店。いわゆるコンビニのハンバーガーなどとはボリューム感がまったく違い、小食な人なら1つでも間食するのに苦戦しそうです。そんなサイズだと気になるのはカロリーや糖質の量ですね。

今回はクアアイナのメニューのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

クアアイナのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

クアアイナの公式サイトにある「よくある質問」コーナーを見ると「創業当時よりカロリー表示、またカロリー計算を実施しておりません」とあります。これは、自慢のハワイアングルメバーガーを豪快に食べてほしいという願いがあってのことです。

そのため、クアアイナのメニューの具体的なカロリー量は今のところ判明していません。ただ、見た目からボリュームたっぷりですので、低カロリーということはないでしょう。

たとえば、アボカドバーガーは一般的なもので1個あたり650kcal前後あると言われています。クアアイナのものならサイズの問題から1個で800kcal程度あってもおかしくないでしょう。チーズバーガーやベーコンバーガーなど具材が高カロリーなメニューはそれ以上の可能性もあります。

あくまでも推測ですので参考程度にしてほしいのですが、クアアイナのハンバーガーを食べるなら、他の食事のカロリーを少し抑えた方がよさそうです。

クアアイナの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

同じく大ボリュームなハンバーガー店のメニューは1個で35~50g程度の糖質を持っています。おそらく、クアアイナのハンバーガーもその程度の糖質量はあるでしょう。

けっこうな大きさのバンズが使われていますから、糖質40g以上は見ておくのが無難です。つまり、スタンダード糖質制限中なら摂取を控えた方がいいでしょう。サンドウィッチメニューもパンが多く使われますから、同じく控えておくのが無難です。

糖質制限中でも注文しやすいメニューとしては、チキンナゲットやクリスピーチキンなどでしょうか。また、シーザーサラダもおすすめです。

クアアイナの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

具材によって異なりますが、このボリュームのハンバーガーなら1個あたり30g程度の脂質は覚悟した方がいいです。パティが肉類なことから高脂質ですし、アボカドも森のバターと呼ばれるだけあって脂質量が高めです。

つまり、人気メニューのアボカドバーガーなら1個で脂質40gを超えていてもおかしくないでしょう。また、サイドメニューも揚げ物が多いため、脂質は高めだと思われます。ドレッシングなしのサラダなら脂質は低めでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.