1. ダイエットレスキュー
  2. 食品大阪王将のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

大阪王将のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

大阪王将

大阪王将は餃子へのこだわりを持った中華料理店。キャベツや豚肉といった食材は100%国産のものを使用し、元祖焼餃子は店舗で手巻きを行っています。また、ニンニクは臭いが気にならないものを使用しているので、女性の方でも入店しやすいでしょう。

今回はそんな大阪王将のメニューのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

大阪王将のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは大阪王将のメニューのカロリーを見ていきましょう。

メニューカロリー
元祖焼餃子(6個)374kcal
ジャンボ肉汁餃子(3個)519kcal
ぷるもち水餃子(5個)209kcal
スープぷるもち水餃子(5個)259kcal
大山鶏の鶏しそ餃子(6個)342kcal
醤油ラーメン641kcal
うま塩ラーメン614kcal
サンラータン麺902kcal
チンジャオロース411kcal
酢豚656kcal

定番メニューである元祖焼餃子は6個で374kcal、つまり1個あたり約62kcalです。外食店の餃子としては標準的なカロリーと言えるでしょう。成人男性の1食分が600~700kcalですから、10個程度までは許容範囲です。

元祖焼餃子1皿にセットでご飯(354kcal)を注文すると700kcalを超えてしまいますから、ご飯を頼むなら餃子を誰かとシェアしておきましょう。ラーメンは1杯でほぼ1食分のカロリーを持ちますから、餃子とのセットは止めておいた方がよさそうです。

ちなみに、調理に油を使わないためか焼餃子よりも水餃子の方が低カロリーです。特にこだわりがなければ水餃子を選ぶのもいいでしょう。水餃子5個とならご飯をセットにしても600kcal以内に収まります。

大阪王将の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

残念ながら大阪王将のメニューはカロリーしか公表されていません。ただ、同程度のカロリーを持つ餃子の糖質が1個あたり5g前後なことは分かっています。つまり、元祖焼餃子なら1皿あたり30g前後は糖質を持つわけです。

糖質のほとんどは小麦粉で出来た皮部分のせいですから、おそらく水餃子も変わらないと思われます。ジャンボ肉汁餃子はカロリーから考えるに糖質が高い可能性もあるので気を付けましょう。

後はラーメン系のメニューに注意。ラーメンは通常のもので1杯あたり60g前後の糖質を持ちます。逆にチンジャオロースや酢豚など主食系を含まないメニューなら糖質は低めかもしれません。

大阪王将の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

脂質も同じく公表されていませんが、1個の脂質が3.5g前後なのは分かっています。つまり、元祖焼餃子1皿だと脂質21g前後です。ただ、調理時に使う油の量によってはもう少し高い可能性もあるでしょう。また、ラー油を付ければ脂質は高くなります。

これに対して脂質の摂取目安は1食あたり16~20g前後ですので、元祖焼餃子を1皿食べるのは危ないかもしれません。ぷるもち水餃子なら5個入りですし、調理時に油をほぼ使いませんから元祖焼餃子1皿より低脂質でしょう。脂質が気になるなら、ぷるもち水餃子にすることをおすすめします。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.