1. ダイエットレスキュー
  2. 食品赤からのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

赤からのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

赤からは名物メニューである赤から鍋が有名なお店。その見た目は名前の通り真っ赤で、辛さを11段階から選ぶことができます。普通は3辛程度を選びますが、辛さに強い方だと普通に8辛や10辛などを選ぶようです。また、鶏セセリ焼きも有名なメニューです。

今回はそんな赤からのメニューのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

赤からのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

公式サイトで正確な数値が公表されていないため、あくまでも目安のひとつですが、名物メニューである赤から鍋は1人前で700kcalくらいと言われています。一般的な成人男性の摂取カロリーが1食あたり600~700kcalですから、ギリギリセーフかアウトか。女性ならややカロリーオーバーを覚悟した方がいいかもしれません。

それでも食べたいと思えば、2人以上で注文して野菜類を中心にいただきましょう。そして、肉類をなるべく他の方に食べてもらってください。鍋の具材で高カロリーなものと言えば肉類ですので、野菜中心なら多少はカロリーを抑えられると思われます。

ちなみに、赤からのメニューは揚げ物が多いです。しかし、揚げ物は油を用いることからカロリーが高めだと予想されますので注文は避けておきましょう。サラダ系なら低カロリーなものが多いのでおすすめです。ただ、ドレッシングのかけすぎはやめてください。

赤からの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

糖質も公表されていないため正確な数値は分からないものの、鍋料理は意外と糖質が低めですので、糖質制限なら赤から鍋を注文しても問題ないと思われます。カロリーこそ高い肉類も糖質は100gあたり0.3g前後ですし、野菜類はカロリーだけでなく糖質も低めです。

ただ、トッピングを見ると、おもち、トッポギなど糖質の高そうなものも存在します。また、主食系は脂質が高いのでシメのラーメンやリゾットは禁止です。

鶏セセリ焼き、鶏かわ焼き、串5種盛り(焼き鳥)などのメニューも肉が中心ですから糖質は低めでしょう。赤からは案外、糖質制限向けのお店と言えるかもしれません。

赤からの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

公式の数値が発表されていないため、赤から鍋の脂質は分かりませんが、一般的なキムチ鍋やチゲ鍋が1人前で20g前後の脂質を持つと言われています。1食の脂質摂取目安が16~20g前後ですから、カロリーと同じくちょうど1人前で1食分といったところです。

ただ、あくまでも目安の数値ですので油断はしないでください。赤から鍋を食べるとわかっているなら、朝食や昼食は脂質低めのヘルシー料理にしておきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.