1. ダイエットレスキュー
  2. 食品磯丸水産のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

磯丸水産のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

磯丸水産は新鮮な刺身や丼物、一品料理を駅前で楽しめるお店。ランチメニューや宴会コースなども用意されているため、何かと使い勝手がいいでしょう。さっぱりした料理が多いため高齢の方でも利用しやすいと思われます。

今回はそんな磯丸水産のメニューのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

磯丸水産のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

残念ながら磯丸水産では各メニューのカロリーを公表していません。そのため、今回は一般的な料理のカロリー量から考えていきましょう。たとえば、磯丸水産の一番人気はまぐろ2色丼です。これには赤身のまぐろとびんながが何枚か乗っているのですが、魚介類はカロリーが低めですので、1杯あたり600kcal前後には収まりそうです。

ねぎとろ丼、まぐろ漬け丼なども極端に高カロリーではないでしょう。あくまでも目安のひとつですが、サイドメニューなどを注文しなければダイエット中でも問題ないと思われます。

ただ、海鮮こぼれ丼などは明らかにボリュームがおかしいため、700、800kcalを超えているかもしれません。また、海老ぷりマヨネーズ、明太じゃがバター。それに大判アジフライ、じじゃもフライなどの揚げ物もカロリーが高そうです。丼物と合わせて注文するのは控えましょう。

ちなみに、刺身類は基本的にカロリーが低めです。量にもよりますが、まぐろで200kcal以下といったところでしょう。貝類なら100kcalを下回るメニューもあるかもしれません。

磯丸水産の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

まず、一番人気のまぐろ2色丼は糖質が高めだと予想されます。というのも、丼物だとご飯が多く用いられるため、ご飯だけで糖質が70gや80gを超えてしまうのです。そのため、ねぎとろ丼、磯丸4色丼など他の丼物メニューも糖質制限には向きません。

ただ、具材である魚介類の方は糖質が低く、まぐろなら100gあたり0.1gしか糖質を持っていません。つまり、ご飯を含まない刺身メニューならお腹いっぱいになるまで食べても大丈夫です。

幸いにも、磯丸水産には鮪赤身、びんちょう鮪、サーモン刺身、鯵の刺身、つぶ貝刺しなどなど。刺身メニューが充実しています。また、活貝焼、磯丸焼なども主食系を含みませんから低糖質だと考えられます。

磯丸水産ではこのあたりのメニューを活用して糖質制限に努めてください。

磯丸水産の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

魚介類の脂質は種類によって異なります。まぐろは100gあたり1.4g、びんながは100gあたり0.7gと低脂質ですので、まぐろ2色丼については問題ないでしょう。ご飯の脂質も100gあたり0.3g程度ですから安心して食べることができます。

ただ、揚げ物系は当然ながら脂質が高めですし、いくらは卵なことから100gあたり15.6gの脂質を持ちます。脂質が気になる場合は、揚げ物やいくらメニューに注意しておきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.