1. ダイエットレスキュー
  2. 食品丼丸のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

丼丸のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

丼丸は主に海鮮丼を提供するチェーン店ですが、一般的なチェーン店とは違い、各お店で名前が異なります。また、価格設定やメニューの種類、味付け、ボリュームなども異なるため、各店舗が全く違うお店と言ってもいいのかもしれません。

今回はそんな丼丸のメニューのカロリー、糖質、脂質について考えていきましょう。

丼丸のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

冒頭で話したように、丼丸は店舗ごとにメニューどころか価格設定や味付け、ボリュームなどが異なります。そのためもあってか、丼丸では各メニューの詳しいカロリー量などを公表していません。

そこで、一般的な海鮮丼を見てみると、1杯のカロリーが750kcalと分かります。丼丸の海鮮丼のボリュームや具材次第ではありますが、同じくらいのカロリーを持つと考えるのが無難でしょう。

750kcalですと1食分の目安を超えてしまうため、ダイエット中の摂取は推奨できません。カロリー摂取量を抑えたい方は、具材のボリュームが抑えられた丼物を選ぶのがいいでしょう。

ちなみに、ぶり、はまち、いくら等は魚介類の中でもカロリーが高めですので注意してください。また、たまにあるマヨネーズのかかった丼物もカロリーが高めだと考えておきましょう。

丼丸の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

カロリーと同じ理由からか丼丸では糖質も公表していません。そこで、一般的な海鮮丼の数値を参考にすると、1杯あたり90g前後の糖質を持つとわかります。これは、丼物メニューに大量のご飯が使われるためでしょう。

丼丸のご飯の盛りが控えめであれば、もう少し低糖質な可能性もありますが、おそらくお店の趣旨からしてご飯はむしろ多いくらいでしょう。下手をすれば1杯で糖質が100gを超えてしまうかもしれません。

そのため、糖質制限ダイエット中に丼丸を利用するのは難しいと思われます。お店によってはご飯を含まないメニューを提供している可能性もありますので、気になる方は近くの丼丸のメニューを調べてみましょう。

丼丸の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

やはり脂質も公表されていませんが、一般的な海鮮丼の脂質が1杯あたり15g前後です。具材に左右されると思いますが、魚介類は意外と低脂質なものが多いため、脂質については1杯まるまる食べても、1食分である16~20gに収められるかもしれません。

ただ、ぶり、にしん、はまちなど脂質の高い魚介類もいくつか存在します。それらが多く使われたメニューだと脂質が20gを超えることもあるので気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.