1. ダイエットレスキュー
  2. 食品京樽のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

京樽のカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

noimage

京樽は持ち帰り寿司のお店です。一般的な寿司の盛合わせだけでなく、バッテラや穴子鮨なども人気があります。そんな寿司を食べていると、どうしてもカロリーや糖質量が気になってきませんか。

今回は京樽のメニューのカロリー、糖質、脂質を調べてみました。

京樽のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは京樽のメニューのカロリーからみていきましょう。

メニューカロリー
穴子鮨(4貫)270kcal
バッテラ(6貫)422kcal
鯖棒鮨(5貫)471kcal
茶きん鮨(1個)174kcal
ごまいなり(1個)93kcal
錦ちらし467kcal
花もよう519kcal
海鮮ちらし538kcal

人気のバッテラや鯖棒鮨も500kcal以下、穴子鮨に関しては300kcal以下と低めの数字です。普通の寿司1貫が50kcal前後ですから、貫数に対するカロリーは高めと言えるのですが、どのメニューにしても1食分の目安である600kcal前後に収まっています。

そのため、京樽はダイエット中でもわりと利用しやすいかもしれません。ただ、バッテラ1人前では物足りず、2人前を余裕で食べてしまうような方は気を付けてください。

バッテラや穴子鮨の単品で物足りないと思えば、ごまいなりや茶きん鮨を注文するのがいいでしょう。このあたりなら1個のカロリーが極端に高くないので、調整にぴったりだと思われます。

京樽の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に京樽のメニューの糖質を確認しましょう。

メニュー炭水化物
穴子鮨(4貫)46.4g
バッテラ(6貫)60.8g
鯖棒鮨(5貫)53.7g
茶きん鮨(1個)27.6g
ごまいなり(1個)15.3g
錦ちらし88.6g
花もよう95.8g
海鮮ちらし87.3g

食物繊維量や糖質量の記載がないため、今回は炭水化物量を表記しています。スタンダード糖質制限なら1食あたり糖質40g以下に抑えなくてはなりません。つまり、上記メニューのほとんどは1人前で糖質オーバーです。

糖質が高い理由は単純明快で、これらのメニューにはすべてご飯が含まれています。特に寿司は握ってあるので、見た目に対して白米の量が多め。そのため、糖質は高めになってしまうのです。

京樽のメニューに白米を含まないものは基本的にありませんので、京樽を糖質制限中に利用するのは難しいと考えてください。

京樽の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に京樽のメニューの脂質も見ていきましょう。

メニュー脂質
穴子鮨(4貫)4.7g
バッテラ(6貫)13.9g
鯖棒鮨(5貫)20.6g
茶きん鮨(1個)3.7g
ごまいなり(1個)2.5g
錦ちらし6.0g
花もよう7.7g
海鮮ちらし10.7g

鯖棒鮨はやや高脂質ですが、他のメニューに関しては1食分とされる16~20gに収まっていますから、脂質が気になる方でも安心して口にできるでしょう。穴子鮨にごまいなりを複数追加しても大丈夫なくらいです。鯖棒鮨を食べたい場合は、穴子鮨と一緒に頼んで、誰かと半分ずつにする等の方法がいいでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.