1. ダイエットレスキュー
  2. 食品チーズのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

チーズのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

チーズ

こってりした味わいで、そのまま食べてもピザやグラタンなどの料理に使用しても美味しいチーズ。世界中で愛される食品であり、その種類は非常に豊富です。そんな各種チーズのカロリーや糖質は気になりませんか。「ダイエット中だけどチーズを食べても大丈夫?」と不安になっている方は、本ページを参考にしてみてください。

チーズのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

冒頭でも話したように、チーズには様々な種類が存在します。まずは各種チーズのカロリーを確認していきましょう。

チーズの種類カロリー(100gあたり)
プロセスチーズ339kcal
カマンベールチーズ310kcal
クリームチーズ346kcal
チェダーチーズ423kcal
ゴーダチーズ380kcal
エダムチーズ356kcal

何となくイメージできるように、チーズはどれも高カロリーです。最低でも100gあたり300kcalほど、高カロリーなものなら100gで400kcalを超えてしまいます。そのため、カロリー制限中ならまずおすすめできません。1切れでも25g程度、つまり100kcal近くありますので、油断しているとあっというまにカロリー摂取量の目安をオーバーしてしまいます。

このことから、チーズを使用したピザやグラタンなどの料理も当然ながら高カロリー。食パンなどにチーズを乗せて食べる方は、カロリーの増加に気を付けてください。

チーズの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に、チーズの糖質も確認しましょう。

チーズの種類糖質(100gあたり)
プロセスチーズ1.3g
カマンベールチーズ0.9g
クリームチーズ2.3g
チェダーチーズ1.4g
ゴーダチーズ1.4g
エダムチーズ1.4g

この表から分かるように、チーズは種類を問わず低糖質な食品。種類によっては100gあたり1g以下の糖質量です。そのため、糖質制限的には良質な食材と言えるでしょう。実際、おやつをチーズにして糖質制限ダイエットを行っている方もいるほどです。

チーズは量のわりに腹持ちが良い食品ですからね。おやつに少量のチーズを食べるだけでもだいぶ違うと思います。カロリーや脂質を気にする場合はチーズを避ける必要があるため、チーズが好物という方は糖質制限でダイエットを行うのがいいかもしれません。

ただ、チーズをクラッカーやパンの乗せて食べる方法はアウト。クラッカーやパンの糖質が高いため、糖質制限向けで無くなってしまいます。糖質制限にチーズをとりいれるならそのまま、ということを覚えておいてください。

チーズの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次はチーズの脂質についてです。

チーズの種類脂質(100gあたり)
プロセスチーズ26g
カマンベールチーズ24.7g
クリームチーズ33g
チェダーチーズ33.8g
ゴーダチーズ29g
エダムチーズ25g

カロリー同様、何となくイメージできたかもしれませんね。そう、チーズは脂質も非常に高めです。種類によっては200g程度で1日分の脂質摂取量をオーバーしてしまいますので、脂質が気になるなら控えておくのが無難でしょう。カロリーが高い食品は脂質も高いことが多く、チーズも例外ではなかったわけです。

チーズはGI値が低い

ポイントを教える女性

GI値とは血糖値に関する数字のことで、GI値が高ければ血糖値が上がりやすく、GI値が低ければ血糖値が上がりにくいと言われています。そして、血糖値の急降下があると空腹を感じやすいとされることから、GI値の低い食品は腹持ちが良いと期待されているのです。

チーズのGI値は種類によって違いますが、おおよそ30~35前後。食品全体で見て低めの数字であり、少量で空腹を紛らわせる効果が期待されます。そのため、空腹を感じた時に少量のチーズを摂取してみるといいかもしれません。カロリーや脂質が高いものの、少量であれば目安内に収められるでしょう。

ちなみに、チーズはプロセスチーズよりもカマンベールやチェダーチーズなどのナチュラルチーズがおすすめ。プロセスチーズは加工段階の加熱で栄養素が失われると言われています。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.