1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ホットケーキのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ホットケーキのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ホットケーキ

ホットケーキはカフェの定番メニューでもある人気のお菓子。基本的な作り方は小麦粉や卵、砂糖、牛乳などを混ぜ合わせたものをフライパンで焼くというもので、単純な工程から子供と一緒に作ることも多い一品です。ちなみに、ホットケーキの名前の由来には諸説あるようです。

今回はそんなホットケーキのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

ホットケーキのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはホットケーキのカロリーから見ていきましょう。

  • ホットケーキのカロリー:322kcal/1枚あたり

今回は一般的なサイズにバターや蜂蜜などを適量かけた時の数値を想定しています。ただ、ホットケーキのサイズや厚さはレシピやメニューで大きく変わるためズレはあるでしょう。

ただ、小麦粉や卵、砂糖などの材料を使うにせよ、ホットケーキミックスを使うにせよ材料の時点である程度は高カロリーですから、極端にカロリーが低くなることは無いと思われます。

ホットケーキは2枚重ねにして食べることも多いですが、それだと650kcalくらいになってしまいますのでダイエット中はやや危険かもしれません。食事代わりならまだしも間食として食べるならほぼカロリーオーバーです。

ちなみに、カフェなどで提供されるホットケーキは厚みやサイズの問題から1皿で800kcalを超えることもあります。大きめでトッピングの多いメニューにはくれぐれも注意してください。

ホットケーキの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にホットケーキの糖質を見ていきましょう。

  • ホットケーキの糖質:49.7/1枚あたり

先ほどと同じく通常サイズ1枚で想定しています。スタンダード糖質制限の場合は1食の糖質を40g以下に抑える必要があります。つまり、ホットケーキ1枚の時点でアウトです。これが2枚にもなれば1日分の糖質量に近くなってしまうので、糖質制限中は我慢しましょう。

もし、糖質制限中でもホットケーキを食べたいなら、サイズを小さめにして朝食などの代わりに食べるか、小麦粉ではなく大豆粉などを使うのがおすすめです。小麦粉が100gあたり70g前後の糖質を持つのに対して、大豆粉なら15g前後しかありません。また、同時に砂糖も糖質カットの甘味料に置き換えるといいでしょう。

おそらく、カフェなどのメニューは糖質に配慮していません。厚めのメニューなら1皿で100gオーバーも十分にありえますので、糖質制限中にホットケーキを注文するのは我慢しておきましょう。

ホットケーキの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にホットケーキの脂質を見ていきましょう。

  • ホットケーキの脂質:10.2g/1枚あたり

今回はバターや蜂蜜などのトッピングも考慮しているため、やや高めの数字になっています。おそらく、トッピングなしのシンプルなホットケーキなら1枚あたり5g前後でしょう。

1食分の脂質が16~20gですので、1枚で10.2gあるとやや高めですね。脂質が気になるならバターなどの使用は控えた方がいいでしょう。脂質オーバーは肥満につながると言われています。

トッピングに注意しよう

ポイントを教える女性

ホットケーキと言えばバターやメープルシロップ、アイスクリームなどのトッピングがお決まりなわけですが、これらは非常にカロリーや糖質が高めです。

種類カロリー糖質脂質
バター(大さじ1杯12g)89kcal0.0g9.7g
メープルシロップ(大さじ1杯21g)54kcal13.9g0.0g
蜂蜜(大さじ1杯21g)62kcal16.7g0.0g
アイスクリーム(100g)180kcal23.2g8.0g

これらのトッピングをどれだけ使用するかでホットケーキのカロリーや糖質は大きく変化します。特にメープルシロップや蜂蜜は非常に高糖質で、重さの半分以上も糖質を含みます。バターにシロップ、アイスをドーンと乗せたホットケーキが美味しいという気持ちは痛いほどわかりますが、ダイエットに大きなダメージを与えることも忘れないでください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.