1. ダイエットレスキュー
  2. 食品牛乳のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

牛乳のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

牛乳

牛乳といえばカルシウムの摂取によく用いられる飲料ですね。「背が伸びる飲料は?」と聞けば、100人中99人が「牛乳」と答えるでしょう。後の1人は「milk」だと思います。そんな牛乳のカロリーや糖質、皆さんは気になりませんか。毎日のように牛乳を飲んでいる方は、これを機にカロリーや糖質、脂質などの量を把握しておきましょう。

牛乳のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは牛乳のカロリーを見てみましょう。

  • 牛乳のカロリー:67kcal/100gあたり

コップ1杯や瓶1本がおおよそ200gですので、1杯飲むと134kcal程度を摂取することになります。決して高カロリーではないものの、摂取量には注意したいところです。また、牛乳は種類によってカロリーが変わってきます。

牛乳の種類カロリー(100gあたり)
低脂肪牛乳46kcal
特濃牛乳77kcal
スキムミルク(脱脂粉乳)36kcal
コーヒー牛乳56kcal
フルーツ牛乳46kcal

こうしてみると、一般的な牛乳がやや高めの数字に見えますね。特濃牛乳よりは低いものの、他よりは高カロリーでした。スキムミルクについては粉末の量で変わってきますが、かなり低カロリーな部類。味が苦手ということでなければ、スキムミルクに置き換えるのもよさそうです。昔はイメージの悪かった脱脂粉乳も、現在は様々な料理などに使用されています。

そのまま飲むときは一般的な牛乳、料理に使う時はスキムミルクという使い分けもいいでしょう。コーヒー牛乳やフルーツ牛乳は別物と言えば別物ですが、比較のために入れてみました。ぜひ参考にしてみてください。

牛乳の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に牛乳の糖質も確認しましょう。

  • 牛乳の糖質:4.8g/100gあたり

カロリーと同じく、極端に高いことも無ければ低くもない数字ですね。糖質も他の牛乳類と比べてみましょう。

牛乳の種類糖質(100gあたり)
低脂肪牛乳5.5g
特濃牛乳5.4g
スキムミルク(脱脂粉乳)5.3g
コーヒー牛乳7.2g
フルーツ牛乳9.9g

糖質については一般的な牛乳が最も低い数字です。低脂肪牛乳は脂肪分を分離させている分だけ量を補う必要があるため、結果として糖質が少し高くなります。特濃牛乳はクリームなどを添加するため、これも糖質が高くなるわけです。

コーヒー牛乳やフルーツ牛乳については実際に飲んだことのある方なら分かるように、砂糖などが加えられています。そのため、どうしても糖質が高めになってしまいます。糖質制限的に考えると、フルーツ牛乳などは避け、一般的な牛乳にしておくのがよさそうです。

牛乳の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に牛乳の脂質も見てみましょう。

  • 牛乳の脂質:3.8g/100gあたり

一般的な牛乳のみでは分かりにくいため、他の牛乳類の脂質も確認していきます。

牛乳の種類脂質(100gあたり)
低脂肪牛乳1g
特濃牛乳4.8g
スキムミルク(脱脂粉乳)0.1g
コーヒー牛乳2g
フルーツ牛乳0.2g

低脂肪牛乳や脱脂粉乳は名前の通り低脂質。脂質が気になる方もこれなら安心です。逆に特濃牛乳はバターなどを添加することもあり、脂質が高めに設定されています。少しでも脂質の摂取量を抑えたいのなら、低脂肪牛乳やスキムミルクを上手く利用しましょう。

牛乳の飲みすぎはやめよう

ポイントを教える女性

上記の情報から分かるように、牛乳は決して低カロリーでも低糖質でもありません。もし、1日500gも飲んでしまえば、それだけで335kcal、糖質24gも摂取することになってしまいます。また、人によっては牛乳のせいでお腹を壊してしまうでしょう。特に日本人は乳糖分解酵素が少ないため、牛乳でお腹を壊すことも珍しくありません。

カルシウムを摂取する手段なら牛乳以外にもチーズや魚類、サプリメントなどがありますし、牛乳はほどほどにしておきましょう。また、カロリー、糖質、脂質の全てにおいて一般的な牛乳を上回る特濃牛乳は避けておくのが無難です。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.