1. ダイエットレスキュー
  2. 食品プリンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

プリンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

プリン

プリンは子供から大人まで大好きなおやつの定番アイテム。卵や牛乳で作られた本体に、やや苦めのキャラメルソースがかけられた様は何とも食欲をそそります。何か特別なことがあった日には、ちょっと高めのプリンでお祝い。なんて方も少なくないでしょう。

今回はそんなプリンのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

プリンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

プリンと一口に言ってもノーマルなものから、チョコなどの味付けをされたものまでありますね。今回はいくつかのプリンを比較しつつ、カロリーや糖質を見ていきましょう。

プリンの種類カロリー(1個あたり)
プリン113kcal
チョコプリン264kcal
かぼちゃプリン114kcal

すべて1個あたりのサイズは90g前後となっています。上記の表から分かるように、普通のプリンなら1個あたり100kcalと少しです。ダイエット中なら間食のカロリーを100kcal以内に収めたいところではありますが、13kcalくらいのオーバーなら何とか許容範囲でしょう。

ただ、プリンもピンキリで、中には1個のサイズが大きく160gを超える商品も存在します。コンビニなど単品販売されている商品は大きめなことが多いですね。こういった商品は1個で200kcalを超える可能性もありますので、十分に注意しましょう。できれば購入しないよう心がけてください。

また、上記から分かるようにチョコプリンは非常に高カロリーです。もちろんレシピによりますが、チョコレートが15gで100kcal近くある食品ですから普通のプリンより低カロリーになることはないでしょう。チョコの濃厚な味わいが美味なのも分かりますが、こちらも出来るだけ避けるようにしてください。

かぼちゃプリンについては普通のプリンと大差ありません。おそらく、かぼちゃの量が増えても大きな変化はないでしょう。かぼちゃが安かった時や、いただいた時には自作してみるのもいいかもしれません。

プリンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にプリンの糖質を見ていきましょう。

プリンの種類糖質(1個あたり)
プリン11.4g
チョコプリン16.7g
かぼちゃプリン16.1g

普通のプリンは糖質11.4gほどです。レシピによって異なりますが、卵はほとんど糖質を含みませんし、牛乳もそう高糖質ではないため、スイーツ類の中ではやや低糖質な方かもしれません。ただ、砂糖は重さとほぼ同じだけの糖質を含みます。つまり、砂糖の使用量が多ければ糖質が高くなるわけです。

特にコンビニ商品などは大量に砂糖が使われていることもしばしば。栄養成分表記があるときは購入前に炭水化物量を確認しておきましょう。

チョコプリンはチョコレートの糖質が高いことから通常のプリンよりも高糖質です。また、かぼちゃも意外に糖質の高い食品ですのでかぼちゃプリンにも注意が必要でしょう。

プリンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にプリンの脂質を見ていきましょう。

プリンの種類脂質(1個あたり)
プリン5.0g
チョコプリン19.4g
かぼちゃプリン3.4g

商品によって脂質量も異なるため絶対とは言えませんが、チョコプリンは脂質が高めだと思われます。というのも、チョコレートはカロリーだけでなく脂質も高い食品です。また、今回参考にしたレシピにはクリームが使われているため、それも脂質を上げる原因になっているのでしょう。

逆にかぼちゃプリンなどは低脂質な方で、ダイエット中でも口にしやすいと思います。普通のプリンも1個程度なら十分に許容範囲でしょう。

プリン・ア・ラ・モードには注意が必要

ポイントを教える女性

最近はコンビニなどでも見かけるようになったプリン・ア・ラ・モード。これはプリンに様々な果物やクリームなどをトッピングしたもので、カロリーや糖質などが高めになっています。

トッピングの量にもよりますが、1個あたりのカロリーは普通のプリンの2倍程度。もしくは2倍以上あります。これだとダイエット中に摂取するのは厳しいと言わざるを得ませんので、出来ることなら豪華なプリンは避けるようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.