1. ダイエットレスキュー
  2. 食品インデアンカレーのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

2018/02/15更新

インデアンカレーのカロリーや糖質!メニューは太る?痩せる?

カレーライス

懐かしい味のカレーライスと聞くと、関西の人ならインディアンカレーを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。癖になる辛さから常連になっている人もいますよね。そんなインディアンカレーのメニューはダイエット中でも食べることができるのでしょうか?

ここではインディアンカレーのカロリーや糖質について紹介し、ダイエットに向いているのかどうかを説明します。

インデアンカレーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

インディアンカレーはカロリーを公表していませんので、ここで紹介するのは一般的な値です。それでも大きくは外れていないはずですので、参考にしてください。

メニューカロリー(1食あたり)
インディアンカレー841kcal
インディアンスパゲッティ633kcal
ハヤシライス804kcal
ピラフ520kcal
ミートスパゲッティ614kcal

カロリーが気になるのはインディアンカレーとハヤシライスです。いずれも推定で800kcal以上あり、男性が1食で摂取するカロリーの目安である767kcalを大きく上回ります。どうしても食べたいときには、1日の摂取カロリーがオーバーしないように他の食事でのカロリーを減らしましょう。

これ以外のメニューでも、ピラフ以外は女性が1食で摂取するカロリーの目安である583kcalを超えてしまいます。大きく超えるわけではありませんが、ややカロリーがオーバーすることを意識して、間食などを我慢しましょう。

インデアンカレーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

糖質についても公表されていませんので、こちらも推定値になります。

メニュー糖質(1食あたり)
インディアンカレー124.4g
インディアンスパゲッティ88.8g
ハヤシライス58.6g
ピラフ83.6g
ミートスパゲッティ83.1g

スタンダードな糖質制限をするときには、1食で摂取する糖質量を40g以下に抑えなくてはいけません。表からもわかりますように、いずれも糖質制限の許容範囲を大きく上回っています。インディアンカレーのメニューはいずれも糖質制限には適していません。

糖質制限中は、ご飯もパスタも基本的にはNGです。少量であればなんとかなりますが、インディアンカレーのメニューはいずれも、ご飯かパスタがメインになります。さらにカレールーも糖質が多いため、カレーライスはインディアンカレー以外でも絶対にNGです。糖質制限をしているなら、インディアンカレーの利用を避けてください。

インデアンカレーの脂質はどれくらい?

脂質のイメージ画像

糖質制限ではインディアンカレーのメニューがすべてNGでしたが、脂質制限であればどうでしょう?インディアンカレーのメニューにどれくらいの脂質が含まれているのか見ていきましょう。

メニュー脂質(1食あたり)
インディアンカレー24.2g
インディアンスパゲッティ18.3g
ハヤシライス45.3g
ピラフ11.9g
ミートスパゲッティ16.5g

ハヤシライスにかなりの脂質が含まれていて、さらにインディアンカレーも脂質制限には向いていません。男性なら1食あたりの脂質を21.3g、女性なら16.2gまでに抑えたいところですので、女性はピラフ以外すべてNGということになります。

和食と違って洋食は油やバターなどを多く使うため、どうしても脂質が含まれやすい傾向にあります。脂質が気になる場合も、あまりインディアンカレーはおすすめできません。どうしても食べたいときは他の食事での脂質をできるだけ減らして、1日トータルで脂質がオーバーしないようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.