1. ダイエットレスキュー
  2. 食品カレーパンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

カレーパンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

カレーパン

カレーパンとは、簡単に言ってしまえば中にカレーを詰めた揚げパンのことです。基本的に中のカレーは水分量が少なく、パンにしみ込んだり、食べているうちに垂れてしまうのを防いでいます。数ある総菜パンの中でも人気が高く、パン屋のメニューには十中八九存在します。

今回はそんなカレーパンのカロリー、糖質、脂質を見ていきましょう。

カレーパンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはカレーパンのカロリーから紹介しましょう。

種類カロリー(100gあたり)
カレーパン289kcal
ピロシキ297kcal
揚げパン336kcal
クリームパン236kcal
メロンパン338kcal

個々のサイズはパン屋や商品によって異なるため今回はすべて100gあたりのカロリー量を表記しています。こうしてみると、カレーパンが極端に高カロリーでは無いと分かります。100gあたりで見れば揚げパンよりも低いくらいです。

ただ、揚げパンはシンプルで1個の重量が低めなこともしばしば。逆にカレーパンは1個で100g以上あることも珍しくありません。そのため、1個あたりだとカレーパンの方が高カロリーなこともあるでしょう。

ピロシキはカレーパンと同じくパンの中にひき肉や玉ねぎといった具材を閉じ込めたパンのことで、カレーパンの元になった存在と言われています。日本では油で揚げることが多いため、カレーパンと同じくらいのカロリー量です。

このように、他と比べて極端に高カロリーとは言えませんが、やはり1個で300kcal前後は油断できない数字です。ダイエット中ならカレーパンは1個にしておき、後はカロリーの低そうなパンをチョイスするのがいいでしょう。

カレーパンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にカレーパンの糖質を紹介しましょう。

種類糖質(100gあたり)
カレーパン30.9g
ピロシキ24.1g
揚げパン53.1g
クリームパン33.9g
メロンパン56.1g

糖質も100gあたりの数字ですが、どれもパン類ですので糖質が高めと分かります。カレーパンは具材に肉類や野菜などが使われる分、重さのわりに他より低糖質ではあるものの、100gあたり30g以上もありますから糖質制限ダイエットには向きません。

わりと重量のあるカレーパンなら、1個でスタンダード糖質制限1食分である糖質40gを超えてしまう可能性も大いにあります。ちなみに、カレーパンの場合は具材の割合が多ければ多いほどに糖質が低くなると思われます。つまり、パン部分が薄めで中身がぎっしりなら、重さのわりに糖質は低めかもしれません。

カレーパンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にカレーパンの脂質を紹介しましょう。

種類脂質(100gあたり)
カレーパン13.4g
ピロシキ17.2g
揚げパン10.3g
クリームパン6.7g
メロンパン7.3g

カレーパンは「揚げる」という工程に油を用いますから脂質は高めになります。1個のサイズがやや大きめのものだと脂質20gを超えてしまうかもしれません。これだと、1食の脂質摂取量を16~20g前後に収められない可能性が高いので、脂質が心配なら大きめのカレーパンは回避しましょう。

ちなみに、カレーパンの脂質には油だけでなく具材の肉も関与しています。量が少ないだけに大したことはありませんが、もし肉が増量されたカレーパンがあれば、脂質が高めだと考えておきましょう。

揚げないカレーパンがおすすめ

ポイントを教える女性

カレーパンは揚げの工程で油を用いるため、カロリーや脂質が高くなりがちです。少しでもカロリーや脂質を抑えたいと思えば、揚げないカレーパンを作成するのがいいでしょう。

自宅で作るなら絶対に揚げの工程が必要とは思えません。正確にはカレーパンと呼べないのかもしれませんが、数あるレシピの中には焼くだけで揚げないものもたくさん存在します。油を使用しなければカロリーや脂質の大幅な軽減が期待されますし、料理のできる方はぜひチャレンジしてみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.