1. ダイエットレスキュー
  2. 食品シュトーレンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

シュトーレンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

シュトーレン

シュトーレンはドライフルーツやナッツ類を用いて作られるドイツの伝統的なお菓子です。ドイツにおいてはクリスマス前4週間の間に少しずつスライスして食べる習慣があります。名前はドイツ語における「坑道」からきており、実際に形はトンネルのようです。

今回はそんなシュトーレンのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

シュトーレンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはシュトーレンのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
シュトーレン351kcal
ショートケーキ366kcal
チーズケーキ315kcal
モンブラン423kcal

シュトーレン1カットのサイズは切り分け方によって変わってしまうため、今回はすべて100gあたりの数値で比較してみました。こうしてみると、シュトーレンは一般的なケーキと変わらないカロリー量だと分かります。

クリームなどが使われない分、ケーキ類よりもカロリーが低いと思われがちですが、その分、ナッツ類やドライフルーツが用いられますのでカロリーが極端に低いことは少ないのです。

特にナッツ類はイメージと違ってカロリーが高め。100gあたり600kcal以上も珍しくないため注意が必要です。ちなみに、日本で売られているシュトーレンの重さは1個で400~500gと言われています。つまり、1個あたりだと1404~1755kcalということです。

400gのものを8等分したとして約176kcal。厚めにカットすれば200kcalを超えることもあるでしょう。シュトーレンは甘みが強く1切れや2切れ程度なら簡単に食べてしまいますが、ケーキと同じくらいのカロリーを持ちますから食べすぎには気を付けてください。

シュトーレンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にシュトーレンの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
シュトーレン41.5g
ショートケーキ28.6g
チーズケーキ16.8g
モンブラン50.8g

モンブランほどではないものの、シュトーレンも非常に高糖質だと分かります。これは、単純に強力粉などの小麦粉がメインなこと、そして砂糖やドライフルーツが多めに用いられるためでしょう。

ドライフルーツは水分量が少ない分、少量でもたくさんの糖質を含んでいます。1個1個のサイズが小さく高糖質には見えないかもしれませんが油断しないようにしてください。

先ほどと同じく1個400gの8等分なら1切れあたり約20.8gほど。これでもスタンダード糖質制限1食分の目安(40g)の半分以上ですし、2切れも食べてしまえば糖質オーバーです。

シュトーレンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にシュトーレンの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
シュトーレン14.3g
ショートケーキ25.3g
チーズケーキ24.4g
モンブラン22.2g

クリームが使われたケーキ類よりは低いものの、1食分が16~20g前後と言われるのですから油断はできません。やや厚めにカットしたシュトーレンと少しの肉類や卵類を口にすれば1食分の目安を超えてしまうでしょう。

単純にバターが使われるせいもありますが、シュトーレンの場合はナッツ類が使われるのも脂質を高めている原因です。ナッツ類は油を搾れるくらいには高脂質です。自分で作るときは入れすぎに気を付けておくべきでしょう。

シュトーレンは少しずつ食べよう

ポイントを教える女性

シュトーレン100gには351kcalもあるわけですから、何も考えずに好きなだけ食べてしまえばカロリーオーバーを起こす可能性が高いです。そこで、シュトーレンは毎日少しずつ食べるようにしましょう。

冒頭で話したように、本場ドイツではクリスマス前に少しずつ切って食べるのが習慣になっています。それを真似しろとは言いませんが、毎日少しずつを心がければ自然と1切れが薄めになるでしょう。ナッツやドライフルーツなどは栄養が豊富と言われますし、少量ずつの摂取なら健康効果も得られるかもしれませんよ。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.