1. ダイエットレスキュー
  2. 食品惣菜パンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

惣菜パンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

総菜パン

惣菜パンはカレーパンやコロッケパン、焼きそばパンなど総菜をパンと組み合わせた食品のことです。メロンパンやジャムパンなどの菓子パンに比べて食事に利用されやすく、学校の購買などでは人気メニューを総菜パンが埋め尽くしていることも珍しくありません。

今回はそんな惣菜パンのカロリー、糖質、脂質を見ていきましょう。

惣菜パンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

惣菜パンと一口に言っても様々な種類が存在します。さすがに全ての比較は無理ですので、いくつか有名なものをピックアップしてみましょう。

総菜パンの種類カロリー(100gあたり)
カレーパン289kcal
ホットドッグ264kcal
焼きそばパン212kcal
コロッケパン232kcal
コーンマヨネーズパン270kcal

商品によってサイズが異なるため今回はすべて100gあたりの数字になっています。こうしてみると、総菜パンは全体的にカロリーが高めだと分かります。これは、パンのカロリーがもともと高いうえ、中の具材も高カロリーな傾向にあるからでしょう。

特に肉類やマヨネーズを用いたものはカロリーの高さが顕著です。カレーパンは1個で100g前後だと思われますが、ホットドッグなどは1個で150g前後なケースもあるため十分に注意が必要です。

惣菜パンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に総菜パンの糖質を見ていきましょう。

総菜パンの種類糖質(100gあたり)
カレーパン30.9g
ホットドッグ24.2g
焼きそばパン33.8g
コロッケパン30.2g
コーンマヨネーズパン33.9g

総菜パンは基本的にパン部分と具材部分で糖質量が分かれます。パン部分はご存知の方も多いように、主食系ですので非常に糖質が高い傾向にあるのですが、具材は肉類や野菜類が中心で意外にも低糖質なことが多いです。

ただ、いくつかの例外はあります。まず、焼きそばは麺が小麦粉から作られますから糖質がパンと変わらないくらい高いです。また、コロッケに使われるジャガイモは芋類なことから高糖質です。加えて、コーンも糖質が高めです。

そのため、今回は全体的に具材も糖質が高いものが多くなっていますが、ホットドッグの数字を見れば肉類の糖質が低いのは納得してもらえるでしょう。とはいえ、パンが使われる時点で糖質制限向けとは言えません。食べるにしても小さめのものを1個程度にしておいてください。

惣菜パンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に総菜パンの脂質を見ていきましょう。

総菜パンの種類脂質(100gあたり)
カレーパン13.4g
ホットドッグ14.0g
焼きそばパン4.4g
コロッケパン9.5g
コーンマヨネーズパン10.7g

総菜パンには肉類や揚げ物などが用いられるやすく、脂質も高い傾向にあります。上記だと脂質が低めなのは焼きそばパンくらいのもので、後は全体的に高脂質です。

1個のサイズによっては1食分とされる16~20gを超える可能性も大いにありますので、肉類や揚げ物を中心とした総菜パンには気を付けましょう。また、マヨネーズが多く使われるものも高脂質です。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.