1. ダイエットレスキュー
  2. 食品バターロールのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

バターロールのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

バターロール

生地を巻いて作る、手のひらサイズのパンのことをロールパンと言い、その生地にバターを練りこんだものをバターロールと呼びます。食パンと同様、朝食によく用いられるパンのひとつで、よく5~6個入りのパックが販売されています。

今回はそんなバターロールのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

バターロールのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはバターロールのカロリーから見ていきましょう。

パンの種類カロリー(30gあたり)
バターロール95kcal
食パン79kcal
フランスパン84kcal
コッペパン80kcal

バターロール1個の重さは約30gと言われています。そこで、今回は分かりやすいよう、各種シンプルな食事パンを30gあたりのカロリーで表記しました。食パンは6枚切りで1枚あたり60g、フランスパンは1本で300gくらいです。

こうして同じ重量で比べてみるとバターロールのカロリーがやや高めだと分かります。これは、冒頭で話したようにバターロールにバターが用いられるからでしょう。バターは大さじ1杯(12g)でも89kcalある高カロリーな食品です。

成人男性だと1食分が600~700kcalですから、他にサラダを食べたり、牛乳を飲んだりすることを踏まえ、3個程度の摂取量にしておくのがよさそうです。また、バターやジャムなどはつけずシンプルにいただきましょう。

ちなみに、市販のバターロールは1個のサイズがやや大きめでカロリーが100kcalを超えることもあります。パッケージになった商品なら栄養成分でエネルギー量を確かめるようにしましょう。

バターロールの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にバターロールの糖質を見ていきましょう。

パンの種類糖質(30gあたり)
バターロール14.0g
食パン13.3g
フランスパン16.4g
コッペパン14.1g

皆さんもご存知のようにバターロール1個はかなり小さめです。にも関わらず1個あたり糖質14g、つまり重さの半分程度の糖質を持っています。また、フランスパンやコッペパンなどのパンも同じく糖質が高めです。

これは、どのパンにも小麦粉が用いられるため。強力粉にせよ中力粉にせよ薄力粉にせよ100gあたり70g前後の糖質を持ちます。スタンダード糖質制限の目安が1食あたり40gですので、2個までなら食べられるものの、バターロール2個では満腹になりません。

バターロール2個と低糖質な野菜を中心にしたサラダ等なら問題ないと思われますが、商品によっては1個のサイズが大きく糖質20g前後になる恐れもありますし、糖質制限中の摂取は控えめにしておくのが無難でしょう。

また、ジャムを塗ると糖質が一気に高くなります。これも商品によりますが、基本的にジャムは非常に多くの糖質を含みます。実際にジャムを作ったことのある方なら分るでしょう。ジャムはフルーツと大量の砂糖を煮込みます。

バターロールの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にバターロールの脂質を見ていきましょう。

パンの種類脂質(30gあたり)
バターロール2.7g
食パン1.3g
フランスパン0.4g
コッペパン1.1g

上記の表から分かるようにバターロールはシンプルなパンの中でも特に脂質が高いです。これは、カロリーの項目でも話したようにバターが用いられるからでしょう。バターはカロリーだけでなく脂質も高く、大さじ1杯で9.7gほど含みます。

生地にバターをたっぷり練りこむというのは、それだけカロリーや脂質を上昇させることに他なりません。数個の摂取で脂質オーバーになるほどではないものの、卵などと一緒に食べることも少なくないですし、脂質の計算はきちんとしておくべきだと思われます。

バターロールを食べる時の注意点

ポイントを教える女性

バターロールはシンプルなパンだけにジャムやバター、チーズなどを用いることが多いわけですが、これらを使いすぎるとカロリーや糖質が高くなってしまいます。ダイエット中なら使うにしても少量にしておきましょう。

また、バターロールはソーセージや卵、ハムなどの具材を挟んでいただくことも多いです。これらもカロリーや脂質的に考えると危険でしょう。何か挟むにしても野菜類などカロリーの低い食品を中心にするのがいいと思われます。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.