1. ダイエットレスキュー
  2. 食品牛肉のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

牛肉のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

牛肉

肉といえば何と言っても牛肉ですよね。豚肉や鶏肉なども美味ではありますが、肉の王様と言えば牛肉でしょう。他の肉類に比べてやや高価ではあるものの、焼き肉やすき焼きの際はぜひ牛肉を用いたいところです。今回はそんな牛肉のカロリーや糖質、脂質などを確認してみましょう。

牛肉のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

皆さんもご存知のように、牛肉と一口に言っても様々な部位が存在します。また、部位によってカロリーも変わってきますので、それぞれのカロリー量を確認しておきましょう。

部位カロリー(100gあたり)
バラ肉371kcal
肩ロース240kcal
リブロース263kcal
サーロイン298kcal
ヒレ133kcal
ミノ182kcal
ハツ142kcal

こうしてみると、同じ牛肉でも部位によって随分カロリーが違うと分かります。高カロリーな部位と低カロリーな部位では3倍近くの差がありますからね。牛肉を選ぶ際は部位が重要になると言えるでしょう。

カロリー制限中はなるべく脂肪の少ない部位がおすすめ。ヒレは牛肉の中でも特にカロリーが低めで、ダイエット向けと言えそうです。また、ミノやハツといった内臓系の部位も低カロリーな傾向にありますね。

焼肉店などに行くと、ついついバラ肉(カルビ)などを注文してしまいがちですが、ダイエット中ならグッと我慢しておきましょう。また、時には牛肉ではなく鶏肉などを活用するのもありだと思います。部位によりますが、基本的に鶏肉は牛肉よりも低カロリーです。

牛肉の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

最近はカロリー主体ではなく、糖質主体でダイエットを進める方も多いですね。ここからは牛肉の糖質を見ていきましょう。

部位糖質(100gあたり)
バラ肉0.2g
肩ロース0.1g
リブロース0.3g
サーロイン0.4g
ヒレ0.3g
ミノ0g
ハツ0.1g

糖質については五十歩百歩ですね。どれも均等に低糖質ですので、糖質摂取量を1g以下に抑えたいなど極端な考えでなければ、どの部位を選んでも問題なさそうです。スタンダード糖質制限の目安が1食あたり40gですので、基本的に牛肉だけなら目安を超えることはないと思います。

ただ、焼き肉のタレは砂糖が含まれるため高糖質な可能性もあります。また、ご飯も高糖質ですので、焼き肉は肉と野菜だけで食べるのがおすすめ。また、ステーキの付け合わせにあるジャガイモやコーンも高糖質です。

牛肉の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

牛肉の脂質についても見ていきましょう。

部位脂質(100gあたり)
バラ肉32.9g
肩ロース17.4g
リブロース19.5g
サーロイン23.7g
ヒレ4.8g
ミノ8.4g
ハツ7.6g

脂質についてはカロリーとおおよそ比例しています。脂身の多い部位はカロリーも糖質も高め。逆に、脂身が少なめの部位はカロリーも脂質も低いことが多いです。特にヒレは低カロリー、低脂質でダイエット向けと言えるでしょう。内臓系もそこまで脂質が高くないので口にしやすいと思います。

逆にバラ肉などは非常に高脂質ですので、脂質が気になる方は注意してください。100g食べるだけでも、1日の摂取目安の半分程度を摂り入れることになりますよ。

和牛はカロリーや脂質が高い?

ポイントを教える女性

今回紹介した牛肉のカロリーや糖質、脂質などは基本的に輸入牛のものです。和牛は日本人好みに調整されており、輸入牛に比べて脂身が多いことからカロリーや脂質が高めです。

部位カロリー糖質脂質
和牛肩ロース411kcal0.2g37.4g
和牛リブロース468kcal0.2g44g
和牛ヒレ223kcal0.3g15g

このように、同じ部位でも和牛と輸入牛ではカロリーや脂質にかなりの差があります。特に脂質は2倍以上の差が出ることも。そのため、和牛はお世辞にもダイエット向けとは言えません。糖質制限以外の方法でダイエットを進める場合は、和牛ではなく輸入牛にしておきましょう。また、輸入牛も決して低カロリー、低脂質とは言えませんので食べ過ぎには気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.