1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ホットドッグのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ホットドッグのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ホットドッグ

ホットドッグは切れ込みの入ったパンにソーセージを挟んだシンプルな料理。アメリカにおいては非常に人気の強い一品で、その年間消費量は1人あたり60本と言われています。また、大食い大会に用いられる食品としても有名です。

今回はそんなホットドッグのカロリー、糖質、脂質を考えていきましょう。

ホットドッグのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

ホットドッグにも様々なレシピが存在しますが、主に以下のような材料から作成できます。

材料カロリー
パン(70g)186kcal
ソーセージ(60g)179kcal
ケチャップ(10g)12kcal
マーガリン(5g)38kcal

今回はマスタードやレタス無しのシンプルなレシピを採用しています。上記の材料からホットドッグを作ると1個あたりのカロリーは以下のようになるでしょう。

  • ホットドッグのカロリー:415kcal/1個あたり

材料の表から分かるようにパンの時点で高カロリーですし、ソーセージも負けず劣らずのカロリーを持っています。また、パンにあらかじめ塗るマーガリンも少量ながら38kcalあります。これらのことから、ホットドッグは1個あたり415kcalにもなってしまうのです。

おそらく、数ある総菜パンの中でもカロリーが高いほうでしょう。シンプルなもので415kcalですから、マスタードやピクルスなど様々なトッピングや具材が加わったものなら1個で500kcalオーバーもありそうです。

ホットドッグの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に各材料の糖質を見ていきましょう。

材料糖質
パン(70g)33.0g
ソーセージ(60g)3.7g
ケチャップ(10g)2.6g
マーガリン(5g)0.1g

上記の材料からホットドッグを作成すると1個の糖質は以下のようになります。

  • ホットドッグの糖質:39.4g/1個あたり

スタンダード糖質制限の目安が1食あたり40gとニアミスです。メインとなるソーセージが低糖質ではあるものの、パンの糖質が非常に高いため、上記の数字になってしまいました。

ここにマスタードが加わると糖質は40g以上になってしまうでしょう。そのため、糖質制限中の摂取はやや難しいと思われます。シンプルなホットドッグ1本で満腹なら何とかなるかもしれませんが、栄養バランスが偏りそうです。

どうしても食べたい時はパンを小さめにして糖質を下げるか、大豆粉などを用いた糖質の低いパンを利用するようにしましょう。

ホットドッグの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に各材料の脂質を見ていきましょう。

材料脂質
パン(70g)2.7g
ソーセージ(60g)14.8g
ケチャップ(10g)0.0g
マーガリン(5g)4.1g

上記の材料からホットドッグを作成すると1個の脂質は以下のようになります。

  • ホットドッグの脂質:21.6g/1個あたり

パンは糖質こそ高かったものの、脂質は低めです。ただ、逆にソーセージが非常に高脂質。そのうえ、マーガリンが重さの割に高い脂質を持っており、上記のような高脂質になってしまいました。

脂質摂取目安が1食あたり16~20g前後ですから、1個の摂取でも脂質オーバーの可能性が高いです。脂質を減らすならソーセージを小さめのものにするか、マーガリンの使用量を抑えましょう。ただ、マーガリンはもともと使用量が少ないので効果は薄いかもしれません。

ホットドッグを食べるときの注意点

ポイントを教える女性

ダイエット中にホットドッグを食べるなら、1食で1個を限度としておきましょう。また、ホットドッグだけだと野菜が十分に摂取できませんので、サラダなどと一緒に食べるようにしてください。

また、ホットドッグの中にはチーズのたっぷりかかった商品も存在します。チーズはカロリーや脂質が高いことから、チーズホットドッグはダイエットに向きませんので、これも警戒しておきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.