1. ダイエットレスキュー
  2. 食品肉団子のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

肉団子のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

肉団子

肉団子は挽肉につなぎや調味料を混ぜ、球状にしてから焼いた食品のこと。お弁当の定番メニューのひとつであり、よく甘酢あんをかけていただきます。使用する挽肉は牛肉や豚肉、鶏肉など様々なもので、肉によって食感等が変わってきます。

今回はそんな肉団子のカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

肉団子のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは肉団子のカロリーを見ていきましょう。

  • 肉団子のカロリー:244kcal/100gあたり

ミートボール1個のサイズが35g程度ですから、1個あたりだと85kcal前後でしょうか。やはり肉類ですのでカロリーはやや高めと言えるでしょう。脂身をたっぷり含んだ和牛などに比べれば低カロリーではあるものの、食べすぎには注意したいところです。

特にミートボールは1個あたりのサイズが小さいため、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。食べ過ぎ防止のためにも、あらかじめ摂取限界を決めておき、それ以上は作らないようにするといいかもしれません。

ちなみに、上記の数字は素の状態です。つまり、甘酢あんなどをかけると1個あたりのカロリーは増加します。使用する調味料の量によっては1個で100kcalを超える可能性も十分にあるでしょう。

食べ過ぎを注意するだけでなく、味を濃くしすぎないことも意識してください。ちなみに、挽肉の中でカロリーが低めなのは鶏挽肉です。牛挽肉と比較した場合、100gあたり50kcal以上も差があります。少しでもカロリーを抑えたいと思えば鶏挽肉を利用するのがよさそうです。

肉団子の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に肉団子の糖質を見ていきましょう。

  • 肉団子の糖質:12.5g/100gあたり

パン粉などのつなぎが入るため、100gあたり10g以下とはいきませんでしたが十分に低糖質な部類でしょう。1個あたりが35g前後だとすれば、1個あたり4.4gほどの糖質量です。

とはいえ、何も気にせず食べられるほど低糖質ではありません。また、甘酢あんなどの調味料が加われば糖質が高くなってしまう恐れもあるでしょう。このあたりも踏まえて摂取量をやや控えめにしておいてください。

ちなみに、挽肉についてはほとんど糖質を含みません。これは、どの種類でも同じことです。そのため、つなぎの使用量を抑えれば上記の数字より低糖質な肉団子を作ることも可能でしょう。いつも面倒で冷凍の商品を使っている方も、ダイエットのためと思いチャレンジしてみてはどうでしょうか。

肉団子の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に肉団子の脂質を見ていきましょう。

  • 肉団子の脂質:16.4g/100gあたり

脂質の目安としては1食あたり16~20gです。つまり、肉団子の脂質は高めということになります。1個あたりが35gだとしても脂質5.7gほどありますから、脂質を抑えたい方にはおすすめできません。

3個ほどの摂取でほぼ1食分となってしまいます。ちなみに、牛挽肉や豚挽肉に比べて鶏挽肉は脂質が低めです。鶏挽肉を使用することで脂質量をある程度は抑えられると思いますので、カロリーのことも含め鶏の肉団子を作成してみてください。

甘酢あんのカロリーや糖質に注意

ポイントを教える女性

肉団子と言えば甘酢あんをかけていただくのが定番です。ただ、この甘酢あんに使用する調味料は全体的にカロリーや糖質が高めです。

材料カロリー糖質脂質
片栗粉(100g)330kcal81.6g0.1g
砂糖(100g)384kcal99.2g0.0g
酢(100g)25kcal2.4g0.0g
醤油(100g)71kcal10.1g0.0g

もちろん、肉団子数個に対して100gも使用することはありませんが、片栗粉や砂糖などは数グラムでもカロリーや糖質が高めだとわかるでしょう。また、醤油も使いすぎればカロリーや糖質オーバーの原因になりかねません。

味の濃い甘酢あんと肉団子の相性が良いのは事実です。ただ、ダイエット中なら味は薄めに。なるべく各調味料の使用量を少なめにしておいてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.