1. ダイエットレスキュー
  2. 食品タンメンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

タンメンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

タンメン

タンメンは塩味のスープに茹でた麺や各種野菜類を入れた料理のこと。簡単に言ってしまえば野菜の多い塩ラーメンなのですが、正確には別物として分類されるようです。主にラーメン屋や中華料理店などで提供され、お店によっては看板メニューにしていることもあります。

今回はそんなタンメンのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

タンメンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはタンメンのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(1人前)
タンメン556kcal
ワンタンメン615kcal
チャーシューメン483kcal
五目ラーメン551kcal

今回はタンメン同様、比較的具材が多いと思われる麺類をまとめてみました。こうしてみると、1杯あたり550g前後だと分かります。対して、一般的な成人男性の1食分が600~700kcalですので、1杯の摂取なら大丈夫そうです。

ただ、上記のカロリー量はあくまでも一例であり、お店によってカロリー量は変動します。特に麺の量が多いタンメンには注意が必要です。カロリーが高そうだと感じたときはチャーシューを抜きにしてもらう、スープを残すなどカロリー摂取量を減らす工夫をしてください。

ちなみに、タンメンの中には具材がてんこ盛りになっているものもあります。これは一見するとカロリーが高そうに見えますが、そこにチャーシューや卵などカロリーが高い食品が含まれず、白菜やもやしなど低カロリーな食品が中心であれば見た目のわりに低カロリーかもしれません。

それでいて、野菜類は栄養豊富です。そのため、こってり系のラーメンを食べるならタンメンの方が栄養バランス的に良好だと思われます。

タンメンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にタンメンの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(1人前)
タンメン69.7g
ワンタンメン91.1g
チャーシューメン70.9g
五目ラーメン69.7g

カロリー的にはダイエット中でも口にできるタンメンでしたが、糖質は高めでスタンダード糖質制限の1食分である40gを29.7gもオーバーしていますので、糖質制限ダイエット中は避けるべきでしょう。

他の麺類も高糖質なことから分かるように、糖質が高い理由は麺にあります。麺は小麦粉を中心とするため、どうしても糖質が高くなりがちです。

おそらく、麺の糖質を除けば1杯あたり10gあるか無いかくらいでしょう。実際、外食店で糖質0麺を使用したタンメンが提供されていましたが、これは糖質が8.6gしかありませんでした。

ちなみに、ワンタンメンの糖質が高いのはワンタンの皮が小麦粉で作られるためでしょう。

タンメンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にタンメンの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(1人前)
タンメン16.8g
ワンタンメン11.0g
チャーシューメン6.4g
五目ラーメン16.0g

野菜が中心とはいえ、タンメンにも肉類は入りますから脂質は高めになります。また、タンメンは調理時にサラダ油が用いられることもあります。

1食分の脂質量は16~20gと言われています。タンメン1杯でほぼ1食分の脂質を摂取することになりますから、追加で鶏から等を注文しないようにしましょう。もし心配なら予めチャーシューや卵を抜いてもらうのもありです。

糖質制限中なら糖質0麺を使おう

ポイントを教える女性

カロリーや脂質的には何とか摂取目安に収まるタンメンでしたが、糖質だけは数字が大きすぎます。糖質制限中に摂取すれば糖質オーバーはほぼ確実でしょう。

そこで、糖質0麺を使用してタンメンを作る方法をおすすめします。糖質0麺は通販などを使用すれば簡単に入手可能。特別にカロリーが高いこともありませんし、ぜひ試してみてください。

糖質の問題さえクリアすれば、タンメンは野菜をたっぷり摂取できる、意外にもダイエット向けの料理かもしれません。野菜は基本的に低カロリー、低糖質、低脂質ですので、栄養バランスのことを考えて様々な種類をたくさん入れましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.