1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ガーリックフランスのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ガーリックフランスのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

ガーリックフランスはフランスパンを用いて作る料理のこと。薄くスライスしたフランスパンにガーリックバター(ニンニクのみじん切りやバターを混ぜたもの)を塗り、オーブンで焼いて完成です。ニンニクの香りが食欲を誘う料理で、ワインと一緒にいただくことも多いです。

今回はそんなガーリックフランスのカロリー、糖質、脂質を見ていきましょう。

ガーリックフランスのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはガーリックフランスのカロリーを見ていきましょう。

  • ガーリックフランスのカロリー:387kcal/100gあたり

フランスパンの厚さにもよりますが、1個あたりの重さは30g前後でしょうか。そうなると、1個あたり約117kcalとなります。何もつけないフランスパンが100gあたり279kcalですので、ガーリックフランスになることで100kcal程度も上昇していると分かります。

これは、ガーリックバターに用いるバターが高カロリーなためでしょう。バターのカロリーは100gあたり745kcalで、おそらくガーリックフランス100gに対して25g前後は使用されています。つまり、バターだけで200kcal近くあるわけです。

ニンニクについては100gあたり134kcalですし、そもそも使用量が100gに対して3g程度ですので気にする必要はないでしょう。

何もつけないフランスパンでも低カロリーとは言えません。そこから100gあたり100kcal近く増えるガーリックフランスは確実に高カロリーな方に分類されます。自宅で作るならバターを控えめにしてカロリー上昇を抑えましょう。

ガーリックフランスの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にガーリックフランスの糖質を見ていきましょう。

  • ガーリックフランスの糖質:39.3g/100gあたり

1個が30gだとすれば糖質は11.8gほどです。何もつけないフランスパンは100gあたりの糖質が54.8gですから、重さに対しての糖質はガーリックフランスの方が低めです。

これはバターがほぼ糖質を含まないためでしょう。とはいえ、100gあたり39.3gの糖質量でも十分に高糖質です。スタンダード糖質制限1食あたりの摂取目安が40g以下。つまり、4個も食べれば摂取目安を軽々とオーバーしてしまいます。

このことから、フランスパンはもちろんのこと、ガーリックフランスも糖質制限ダイエットに向かないと言えます。

ガーリックフランスの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にガーリックフランスの脂質を見ていきましょう。

  • ガーリックフランスの脂質:21.2g/100gあたり

1個が30gだとすれば脂質は6.4gほどです。脂質摂取目安が1食あたり16~20gですから、100gあたり21.2gの脂質は高いと言えるでしょう。脂質が高い理由もカロリーと同じくバターにあると考えてください。

バターの脂質は100gあたり81gほど。100gに対しての使用量が25gだとしても脂質は20.3gほど含まれます。ちなみに、フランスパンの脂質は100gあたり1.3gしかありません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.