1. ダイエットレスキュー
  2. 食品焼きカレーパンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

焼きカレーパンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

noimage

カレーパンと言えばカレーを包んだ生地を油で揚げるのですが、カロリーを下げるために「揚げ」の工程を「焼き」に変更するレシピがあります。このレシピから完成するパンを焼きカレーパンと呼びます。

今回はそんな焼きカレーパンのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

焼きカレーパンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

今回は出来るだけシンプルに焼きカレーパンのカロリーを考えてみましょう。まず、一般的なカレーパンは1個あたり358kcalあると言われています。このうち、93kcalがサラダ油によるものです。

焼きカレーの場合は油を使って揚げる工程が省かれますから、基本的に油のカロリーは発生しません。つまり、焼きカレーパンのカロリー量は以下のようになります。

  • 焼きカレーパンのカロリー:265kcal/1個あたり

もちろん、通常のカレーパンと焼きカレーパンでは少しレシピが違ってきますので、必ずしも上記のようなカロリー量になるとは限りません。ただ、揚げを焼きに変更することで、どの程度のカロリー減少になるかは分かってもらえたでしょう。

カロリーの高さからカレーパンを我慢していた方は、焼きカレーパンにチャレンジしてみてください。

焼きカレーパンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

先ほどと同じ方法で焼きカレーパンの糖質を考えていくと、通常のカレーパンと糖質量が変わらないことになってしまいます。というのも、サラダ油には糖質がほぼ含まれません。

このことから、焼きカレーパンの糖質は以下のように予想されます。

  • 焼きカレーパンの糖質:38.3g/1個あたり

上記は言ってしまえば普通のカレーパンの糖質量と同じです。揚げが焼きになるだけですので、理屈でいえば糖質は変わらないのです。ただ、焼きカレーパンと通常のカレーパンでレシピが同じとは限りません。そのため、上記はあくまでも目安のひとつにしてください。

ちなみに、1個あたり38.3gの糖質量は非常に高いです。糖質制限中なら1個でほぼ1食分の糖質を摂取することになります。

焼きカレーパンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に焼きカレーパンの脂質も考えてみましょう。まず、通常のカレーパンが1個あたり16.6gの脂質を持ちます。揚げる際に使用するサラダ油の量が1個あたり約10gで、サラダ油10gには10gほどの脂質が含まれます。

つまり、焼きカレーパンの脂質は「16.6-10=6.6g」です。

  • 焼きカレーパンの脂質:6.6g/1個あたり

ただ、カレーに使用する肉類の量などで脂質量は変化します。とはいえ、通常のカレーパンより大幅に脂質が低いのは確かでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.