1. ダイエットレスキュー
  2. 食品調理パンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

調理パンのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

調理パン

調理パンはパンとは別に調理した具材を乗せたものや、パンを焼く時の熱で具材も調理したパンのことを指します。つまり、ホットドッグやコロッケパン、カレーパンなどが調理パンに相当します。また、サンドイッチやハンバーガーなども調理パンの一種です。

今回はそんな調理パンのカロリー、糖質、脂質を比較してみました。

調理パンのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは調理パンのカロリーを確認しましょう。

種類カロリー(100gあたり)
ホットドッグ264kcal
カレーパン289kcal
コロッケパン232kcal
サンドイッチ271kcal
ハンバーガー193kcal

サンドイッチやハンバーガーとカレーパンなどでは1個あたりのサイズが変わってくるわけですが、今回は比較しやすさ重視で100gあたりの数値を表記しています。

100gあたりの数値でみると、実はどの調理パンもそこまで変わらないカロリー量です。おおよそ250kcal前後でしょうか。300kcal以内であれば2個くらいの摂取は許容範囲だと思われます。

ただ、サンドイッチやハンバーガーなどは1人前で200g近くになることも少なくないです。また、具材に肉類や卵類などが多く用いられれば上記より高カロリーになるでしょう。ホットドッグなども具材の大きさでカロリーが変動します。

基本的に調理パンはやや高めのカロリー量だと考え、過剰摂取には警戒しておきましょう。

調理パンの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に調理パンの糖質を確認しましょう。

種類糖質(100gあたり)
ホットドッグ24.2g
カレーパン30.9g
コロッケパン30.2g
サンドイッチ27.5g
ハンバーガー17.1g

調理「パン」ですので糖質も全体的に高めです。ご存知の方も多いように、パンは小麦粉(100gあたり糖質70g前後)から作られるため糖質が高いのです。

調理パンの場合、具材の糖質が低いことから一般的な食パンなどに比べれば100gあたりの数値は控えめです。ただ、1個あたりのサイズが大きめのものなら1個で糖質40gを超えることもあるでしょう。また、コロッケパンについては具材の高糖質です。

調理パンの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次に調理パンの脂質を確認しましょう。

種類脂質(100gあたり)
ホットドッグ14.0g
カレーパン13.4g
コロッケパン9.5g
サンドイッチ12.6g
ハンバーガー8.7g

調理パンは肉類や揚げ物、卵などが多く用いられるため脂質も高めです。特に大きなソーセージを使うホットドッグは100gあたり14gも脂質を持ちます。1個が150gだとすれば、脂質は21gほど。これだと1食分の脂質目安をオーバーしてしまう可能性が高いです。

脂質摂取量を抑えたい方は野菜やフルーツなどを中心としたサンドイッチを選ぶのがよさそうです。ただ、クリームが入ると脂質が高くなるのでフルーツサンドには気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.