1. ダイエットレスキュー
  2. 食品北京ダックのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

北京ダックのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

北京ダック

北京ダックは下処理を終えたアヒルをそのまま炉で焼いた料理のこと。名前からも分かるように北京料理の代表格です。日本でも中華料理店などで口にすることができますが、やや高級なことから注文する機会は少ないかもしれません。

今回はそんな北京ダックのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

北京ダックのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは北京ダックのカロリーから見ていきましょう。

  • 北京ダックのカロリー:401kcal/100gあたり

食べる機会が少ないため、ご存知ない方も多いと思いますがアヒルの肉は100gあたり450kcalもあります。ここに飴糖水や醤油などを塗るため、100gあたりの数字は450kcalを下回るのですが、それでも401kcalほど含まれます。

1人前の量が150gだとすれば、約601kcalにもなるわけです。また、北京ダックは薄餅と呼ばれる皮に包んで食べることも多いです。この薄餅は原材料が小麦粉ですからカロリーは高め。1枚あたり50kcal以上はあるかもしれません。

そのため、薄餅に北京ダックや野菜類を包み、ソースもたっぷりかければ非常にカロリーが高くなります。食べる量によっては700kcalを簡単に超えてしまうでしょう。ですので、ダイエット中は摂取量を控えめに。薄餅を使うなら北京ダックは少なめ、野菜類を多めにしてください。

北京ダックの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に北京ダックの糖質を見ていきましょう。

  • 北京ダックの糖質:9.7g/100gあたり

肉の丸焼きということで100gあたり1g程度しか糖質を含まないと考えがちですが、先ほど言ったように飴糖水(原材料が水あめ)を塗りますから肉類にしては糖質が高くなります。

とはいえ、北京ダックだけの摂取なら200gでも19.4gほどで、十分にスタンダード糖質制限の目安に収められます。問題となるのは薄餅を用いる場合でしょう。薄餅は小麦粉から作られるため、1枚あたり5~10g程度の糖質を持つと考えられます。

また、調味料も甘めの味付けで糖質が高そうです。糖質制限中なら薄餅の使用を避け、北京ダックや野菜類だけでいただくのがいいでしょう。

北京ダックの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に北京ダックの脂質を見ていきましょう。

  • 北京ダックの脂質:33.8g/100gあたり

実はアヒル肉は豚肉や牛肉を上回るくらいの脂質を含んでいます。そのため、北京ダックは高脂質。100gの摂取でも2食分程度の脂質を摂取することになります。

幸いにも薄餅や野菜類などは低糖質だと思われますが、北京ダックの量をセーブしなければあっという間に脂質オーバーです。カロリーのことも考え、北京ダックの摂取はほどほどにしておきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.