1. ダイエットレスキュー
  2. 食品オリーブオイルのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

オリーブオイルのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

オリーブオイル

オリーブオイルはオリーブの果実から採取される食用油のことです。一般的な植物油は製造過程で加熱が必要とされますが、オリーブの場合は絞って放置するだけで果汁が表面へと浮かび上がるため、これを取り除くことでオリーブオイルが得られると言われています。

今回はそんなオリーブオイルのカロリー、糖質、脂質を見ていきましょう。

オリーブオイルのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはオリーブオイルのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
オリーブオイル921kcal
サラダ油921kcal
ごま油921kcal

今回は他の食用油と比較してみましたが、上記の通り、どれもカロリーは代わりません。オリーブオイルをはじめ、食用油は非常にカロリーが高いので使い過ぎには注意が必要です。

オリーブオイルを100gも使う機会は無いにせよ、大さじ1杯(12g)でも111kcalあるわけですから、少量の使用でも危険だと考えてください。カロリー制限中に油を使いすぎるのは厳禁とよく言われるのは、これだけのカロリーを含むためでしょう。

最近はサラダのドレッシングとして用いたり、パンにつけたりと用途の広がっているオリーブオイルですが、せっかく低カロリーなサラダを高カロリーな料理に変えてしまう恐ろしい調味料だとも言えます。

オリーブオイルにはオレイン酸が含まれるため、健康に良いと言われる面もありますが、カロリー制限でダイエットを行うなら使用量を控えめにした方がいいでしょう。もちろん、他の食用油も同じことです。

オリーブオイルの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にオリーブオイルの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
オリーブオイル0.0g
サラダ油0.0g
ごま油0.0g

オリーブオイルや他の食用油には糖質がほぼ含まれません。詳しくは後で紹介しますが、これはほぼ脂質100%で構成されているためでしょう。

そのため、糖質制限ダイエットではオリーブオイルの使用がおすすめされています。オリーブオイルに含まれるオレイン酸は一価不飽和脂肪酸のオメガ9にあたるもので、バターや肉類などに含まれる飽和脂肪酸に比べて健康効果が高いと言われているのです。

ポテトやコーンなど高糖質な食品を含まないサラダに、たっぷりのオリーブオイルをかけていただいても糖質制限的には問題なし。もっと言えば、オリーブオイルを直接飲んでも摂取糖質量は増えないわけですが、糖質制限だからと言っていくらでもカロリーを摂取していいわけではありませんし、単純に気分が悪くなりますのでやめておきましょう。

オリーブオイルなどの食用油は糖質をほぼ含まない。この知識は糖質制限中に役立ちますので、ぜひ覚えておいてください。

オリーブオイルの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にオリーブオイルの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
オリーブオイル100g
サラダ油100g
ごま油100g

オリーブオイル等の食用油は100gあたりの脂質が100g。つまり、ほぼ100%脂質で構成されています。実際、糖質やたんぱく質は含まれません。

言ってしまえば、脂質をそのまま摂取するようなものですから使用量は抑えておくべきでしょう。女性なら大さじ1杯と少しの摂取で1食分の脂質を摂取することになります。

オリーブオイルに関する注意点

ポイントを教える女性

オリーブオイルの中で最も純度が高いのはピュアオリーブオイル。アンケートの結果、このような誤解をしていた方が80%近くに上ったそうです。しかし、オリーブオイルの中で品質が高いのはエキストラバージンオリーブオイルです。糖質制限ダイエットなどに導入する時は、このことを念頭に置いてください。

また、オリーブオイルは加熱することで栄養価が壊れると言われますが、オレイン酸は熱に強いため多少の加熱なら問題ないとされています。ですので、焼きもの料理などにも積極的に利用するといいでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.