1. ダイエットレスキュー
  2. 食品おからパウダーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

おからパウダーのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

おからパウダー

おからパウダーは豆腐や豆乳を作る際に出来るおからを乾燥させ、さらに粉状にしたものです。食物繊維やカルシウムなどの栄養を含むうえ、糖質量が低いことから小麦粉の代用品として使用されることが多いです。

今回はそんなおからパウダーのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

おからパウダーのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはおからパウダーのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
おからパウダー352kcal
強力粉366kcal
大豆粉466kcal

おからパウダーはヘルシーでダイエット向けなイメージですが、実は小麦粉(強力粉)と同じくらいのカロリー量です。そのため、カロリー制限的には小麦粉をおからパウダーに置き換えても、そこまで大きな恩恵は受けられません。

食物繊維やカルシウムなどの栄養は補給できるものの、摂取カロリー量はそう変わらないでしょう。同じく低糖質なパンなどに用いられることからヘルシーなイメージを持つ大豆粉ですが、これに関してはおからパウダーや小麦粉よりも100kcal近くも数字が高いので気を付けましょう。

おからパウダーのカロリーが小麦粉と同程度という事実を知らずに、ヘルシーだと思って使い続けているとカロリーオーバーから肥満を招いてしまう恐れもあります。おからパウダーは意外とカロリーが高いことを、きちんとインプットしておきましょう。

また、おからパウダーは油を吸収しやすい特性を持ちます。そのため、油を使った料理に用いる際は注意。他の粉類より多くの油を吸ってしまい、カロリーが高くなってしまうことも考えられます。

おからパウダーの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次におからパウダーの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
おからパウダー4.8g
強力粉68.9g
大豆粉15.4g

カロリーこそ意外と高かったおからパウダーですが、糖質は上記のように非常に低いです。同じくパン作りに使われる強力粉と比べた場合、なんと1/14程度しかありません。

これなら糖質制限中でも問題なく利用できます。おからパウダーが低糖質パンに使われる理由がお分かりいただけたでしょう。おそらく、おからパウダーで作ったパンなら1個あたり糖質10g以下も十分に可能だと思われます。

大豆粉もよく低糖質なパンに用いられるものの、おからパウダーの方が圧倒的に低糖質です。特にこだわりがなければ、より糖質摂取量を減らすためにもおからパウダーを使用するのがいいでしょう。

おからパウダーの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次におからパウダーの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
おからパウダー16.5g
強力粉1.8g
大豆粉22.5g

糖質の低いおからパウダーにも弱点はあるようで、残念ながら脂質はやや高めです。1食の脂質摂取量が16~20gですので、おからパウダー100gだとちょうど1食分くらいになってしまいます。

おからパウダーを1回で100gも使う機会は少ないかもしれませんが、バターやクリームなど高脂質な食品と一緒に用いることもありますし、脂質オーバーには気を付けましょう。また、大豆粉はおからパウダーを上回る脂質量ですので、より注意が必要です。小麦粉に関しては低脂質ですから特に問題ないでしょう。

糖質制限ダイエット中ならおからパウダーを有効活用

ポイントを教える女性

カロリー的にはそう変わらず、脂質的にはむしろ小麦粉より高くなってしまうおからパウダーですが、その糖質量は非常に優秀なものです。そこで、糖質制限ダイエット中の方はおからパウダーを積極的に活用するのがいいでしょう。

パンやケーキはもちろんのこと、クッキーやスコーンなど様々な食品を糖質制限ダイエット向けに仕上げることができます。また、おからパウダーを使用した低糖質なポテトサラダなども存在します。ぜひ、ネット上のレシピなどをフル活用し、いろいろな料理を作成してみてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.