1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ミートソースのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ミートソースのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ミートソース

ミートソースは挽肉やトマト、たまねぎ、にんじんなどを混ぜて作るソースのことで、主にスパゲッティやグラタンなどのメニューに用いられます。また、ミートソーススパゲッティのことをミートソースを呼ぶこともありますが、今回はソース自体のカロリーや糖質、脂質を紹介しましょう。

ミートソースのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはミートソースのカロリーを見ていきましょう。

  • ミートソースのカロリー:101kcal/100gあたり

スパゲッティ1皿に用いられるミートソースが150g前後だと思われます。150gの場合は152kcalほどですので、ほぼ重さと同じだけのカロリーを含むと記憶するのが覚えやすいでしょう。

挽肉を用いるためカロリーが高いと思われがちですが、実際はトマトや玉ねぎなどの野菜類も加わるため、そこまでではありません。ただ、ミートソースのレシピは様々です。中には挽肉の使用量が多いものもあり、当然ながらその場合はカロリーが高くなります。

また、ミートソースは単品で食べるよりもスパゲッティやグラタンにして食べることが多いわけですから、パスタなどのカロリーも考えなくてはなりません。パスタは小麦粉が原材料なためカロリーが高めです。

基本的にパスタたっぷりのミートソーススパゲッティはカロリーが高めだと考えてください。ちなみに、ミートソースのカロリーを抑えたいと考えるなら、挽肉を豆腐で代用するのがおすすめです。全て豆腐にすると食感が大きく変わってしまうため、挽肉の半分程度を豆腐に置き換えるのもいいでしょう。

ミートソースの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にミートソースの糖質を見ていきましょう。

  • ミートソースの糖質:10.1g/100gあたり

ミートソーススパゲッティのイメージに引っ張られて、ミートソースも高糖質と勘違いしている方もいるようですが、上記のようにミートソースだけなら糖質は低めです。

これは、ミートソースが挽肉や野菜類など低糖質な材料で出来ているため。特に挽肉は糖質が低く、牛の場合は100gあたり0.5g程度しかありません。そのため、野菜類や調味料の量を調整することで、さらに糖質を下げられる可能性もあります。

とはいえ、スタンダード糖質制限なら1食あたり40gまでの糖質を摂取できます。つまり、パスタを加えない状態のミートソースなら400g近くは食べられるということです。主食が無いのはやや寂しいものの、ミートソース400gも食べれば満足度は高いでしょう。

また、最近は糖質をカットした麺も販売されています。これとミートソースを組み合わせて、低糖質なミートソーススパゲッティを作るのもおすすめです。

ミートソースの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にミートソースの脂質を見ていきましょう。

  • ミートソースの脂質:5g/100gあたり

脂質が高いことで知られる挽肉が用いられるものの、他の材料が脂質をほとんど含まない野菜類などですから、ミートソースは自然と脂質が低めになります。成人男性なら1食あたり21g前後の脂質を摂取できますので、400g程度食べてもギリギリ大丈夫です。

また、原材料が小麦粉のパスタも脂質は低めです。つまり、ミートソーススパゲッティもそこまで脂質は高くありません。

ミートソースを使った料理のカロリーや糖質は?

ポイントを教える女性

最後にミートソースを用いて作る料理のカロリーや糖質を見ておきましょう。

種類カロリー糖質脂質
ミートソーススパゲッティ(1皿)614kcal83.1g16.5g
ミートソースグラタン(1皿)340kcal32.5g15.3g
ミートソースドリア(1皿)454kcal48.3g22.7g

パスタやご飯が加わるため、特に糖質の上昇が顕著です。上記はあくまでも一例ですので、パスタやご飯の量によってはさらに糖質が高いこともありえます。

自分で作るときには挽肉の量や油の量、使用する野菜の種類などを調整し、カロリーや糖質をなるべく抑えるようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.