1. ダイエットレスキュー
  2. 食品たらこのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

たらこのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

たらこ

おにぎりの定番具材のひとつであるたらこ。明太子に比べて辛味が少ないことから、子供にも人気のある一品ですね。白いご飯との組み合わせ以外にも、パスタやパン、サラダなど多くの料理に用いられます。また、スーパーに行けば簡単に入手できるのも魅力的。場合によってはコンビニでも入手可能です。今回はそんな、たらこのカロリーや糖質を紹介します。

たらこのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

今回はたらこに加えて、明太子や焼きたらこのカロリーも確認しておきましょう。焼きたらこは名前の通り、たらこを焼いたものであり、おにぎりなどによく利用されます。

種類カロリー(100gあたり)
たらこ140kcal
焼きたらこ170kcal
明太子126kcal

こうしてみると、たらこよりも明太子の方が少しだけ低カロリーと分かります。とはいえ、たらこも十分に低カロリーな部類です。たらこ1本あたりの重さが30gほどですので、1本あたりだと42kcalくらいですね。

対して、成人男性が1食に摂取するカロリーが700kcal前後、女性でも600kcal前後なことから、たらこによるカロリーオーバーは考えにくいでしょう。1本まるまる食べても問題ありません。ただ、たらこは単品で食べるよりも、何かと組み合わせて食べることの方が多いです。

つまり、実際に摂取する時は「たらこのカロリー+白米やパンなどのカロリー」となります。その合計がカロリー摂取目安を超えないよう十分注意してください。ちなみに、焼きたらこのカロリーが少しだけ高いのは水分量が減っている影響だと考えられます。

たらこの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

糖質制限ダイエットを行っている方は、カロリーよりも糖質が気になるでしょう。

種類糖質(100gあたり)
たらこ0.4g
焼きたらこ0.5g
明太子3g

スタンダード糖質制限では1食の糖質摂取量を40gまで制限します。これを踏まえたうえで、たらこの糖質を見てみると、いかにたらこが低糖質かお分かりいただけるでしょう。

1本あたりの重量が30g前後ですから、1本だとたったの0.1g程度。よしんば10本食べたとしても、1g程度の糖質摂取量です。明太子の糖質も十分に低めですが、より糖質摂取量を抑えたいのならたらこを利用するのがよさそうです。

ただ、たらこは白米やパンと組み合わせることが多いため、結果として糖質摂取量が多くなりがちな点には気を付けてください。糖質が気になるなら野菜類との組み合わせがおすすめです。

たらこの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

カロリーや糖質と共に脂質の量も把握しておきましょう。

種類脂質(100gあたり)
たらこ4.7g
焼きたらこ6.1g
明太子3.3g

脂質の摂取量が1食あたり16~20g前後ですので、この程度の数字であれば問題ないでしょう。たらこ1本あたりにすれば、1.6g前後ですからね。たらこのせいで脂質の過剰摂取になることはなさそうです。ちなみに、白米は脂質が低めですので、脂質が気になる方はバターを使うパンなどより白米との組み合わせがいいと思います。

ダイエット中にたらこを食べる注意点

ポイントを教える女性

既に話したように、たらこは何かと組み合わせて食べることの多い食品です。カロリー制限にしても糖質制限にしても、白米やパン、パスタなどとの組み合わせには警戒しておきましょう。特に糖質制限なら主食系は基本NGです。

主食系以外だと、大根やもやしなどと相性がいいですね。これならカロリーや糖質を抑えられますし、野菜の栄養を一緒に摂取することができます。ぜひ、たらこは野菜との組み合わせでいただくようにしてください。

ただ、野菜との組み合わせでも食べ過ぎには注意です。カロリーや糖質的に問題がなくとも、たらこは塩分が多いため塩分過多になってしまう恐れがあるのです。ちなみに、明太子はさらに塩分が多いため、より注意が必要です。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.