1. ダイエットレスキュー
  2. 食品いくらのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

いくらのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

いくら

いくらはサケの卵のことで、塩漬けや醤油漬けにして食べることが多く、回転ずしでは定番メニューのひとつになっています。ただ、お皿ごとに価格の違うお店だと高級なこともしばしば。今回はそんな、いくらのカロリーや糖質を紹介しますので、お寿司やいくら丼などを食べる機会が多い方はチェックしてみてください。

いくらのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはいくらのカロリーを見てみましょう。

  • いくらのカロリー:272kcal/100gあたり

成人が1食に摂取するカロリーは大体600~700kcalと言われますので、100gで半分近くのカロリーを摂取することになります。そのため、低カロリーとは言い難いのですが、いくらは1回で100gも200gも摂取することの少ない食品なのも事実。

1食あたり30gや40g程度であれば、カロリー制限中でも口に出来るでしょう。高級食材なことも含め、一気に大量摂取するのはやめた方がよさそうです。ちなみに、他の魚の卵類と比較してみると以下のようになります。

魚卵の種類カロリー(100gあたり)
すじこ282kcal
たらこ140kcal
数の子89kcal

すじこはいくらに薄皮が付いた状態のものですから、カロリーがほぼ変わらないのは当たり前ですね。たらこになると、いくらの半分程度のカロリーとなり、数の子だとさらに下がります。そのため、いくらは卵の魚類の中ではやや高カロリーな部類と言えるかもしれません。

いくらの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に、いくらの糖質も確認していきましょう。

  • いくらの糖質:0.2g/100gあたり

スタンダード糖質制限では1食あたり約40gまでの糖質摂取が可能です。このことから、いくらは非常に低糖質な食品と言えるでしょう。糖質が低いことで有名な肉類に匹敵する糖質量の低さです。しかも、いくらに使う醤油やみりんなどの量はそう多くありません。調味料による糖質変化はほぼ気にしなくて大丈夫だと思います。

魚卵の種類糖質(100gあたり)
すじこ0.9g
たらこ0.4g
数の子0.6g

他の魚の卵類もいい感じに低糖質ですね。この程度の糖質量であれば、糖質制限中でも安心して口にすることができます。いくらや数の子は高級食品なため、頻繁には難しいかもしれませんが、糖質制限ダイエット中の食事に魚の卵を取り入れてみてはどうでしょうか。

いくらの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にいくらの脂質がどの程度か確認しておきましょう。

  • いくらの脂質:15.6g/100gあたり

脂質の摂取目安が1食あたり16~20g前後ですので、やや高脂質な部類ですね。いくら100gでお腹いっぱいになるなら問題ありませんが、たいていの場合は他の食品と一緒に食べるわけですから、いくらを100gも摂取すれば脂質オーバーが懸念されます。

魚卵の種類脂質(100gあたり)
すじこ17.4g
たらこ4.7g
数の子3g

また、すじこも同様に高脂質気味。逆にたらこや数の子は低脂質な部類ですね。脂質が気になる方は、いくらの食べ過ぎに気を付けましょう。

いくらを食べる時の注意点

ポイントを教える女性

さて、ここまでいくらのカロリーや糖質を紹介してきましたが、最後にいくらを食べる時の注意点も解説しておきましょう。それは、ご飯と一緒に食べるとカロリーや糖質が高くなるという点です。

いくら丼やお寿司など、いくらは単品で食べるよりもご飯と一緒に食べることの方が多い食品です。しかし、ご飯1杯には269kcalと糖質55g程度が含まれます。そのため、いくらのカロリーや糖質と相まって摂取目安をオーバーしてしまう恐れがあるのです。

丼物は通常よりもご飯の量が多いですし、お寿司はご飯をギュッと握ってあります。つまり、お寿司は見た目以上にカロリーや糖質が高いわけです。いくらを食べる時は、ご飯やパスタなどの主食系はなるべく避け、サラダなどにしていただくのがおすすめです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.