1. ダイエットレスキュー
  2. 食品白身魚フライのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

白身魚フライのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

白身魚フライ

白身魚フライはタラやスケトウダラ、スズキなどの白身魚を揚げた料理のことで、よくお弁当のおかずに利用されています。また、フィッシュバーガーの具材としても有名ですね。一般的なソースではなく、タルタルソースを用いた食べることが多いです。

今回はそんな白身魚フライのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

白身魚フライのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは白身魚フライのカロリーから見ていきましょう。

  • 白身魚フライのカロリー:189kcal/1切れあたり

今回はタラ80gを使用したレシピを想定しています。タラ80gには62kcalしか含まれませんが、白身魚フライの場合はパン粉や小麦粉、サラダ油などを用いるため、カロリーが元の3倍以上になってしまうのです。

特に油はたった10gの使用でも100kcal近くありますから気を付けなくてはなりません。もちろん、様々なレシピが存在しますので必ずしも上記のカロリー量になるとは限りませんが、基本的にカロリーは高めだと考えてください。揚げ物である以上は仕方ありません。

ちなみに、上記のカロリー量は当然ながらタルタルソースを加味していません。つまり、実際に食べるときはもう少しカロリーが高くなる可能性があるわけです。

白身魚フライの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に白身魚フライの糖質を見ていきましょう。

  • 白身魚フライの糖質:7.7g/1切れあたり

タラなどの白身魚にはほとんど糖質が含まれませんので、白身魚フライの糖質は低めになります。1個で7.7g程度なら3個4個と食べても糖質オーバーにはならないでしょう。マヨネーズが中心なことからタルタルソースが低糖質なのも嬉しいところです。

つまり、白身魚フライ単品で摂取するなら特に問題はありません。ただ、フィッシュバーガーや白身魚フライ弁当などパンやご飯が含まれるメニューだと糖質は一気に高くなります。具体的には、フィッシュバーガーなら1個で40g前後、白身魚フライフライ弁当なら1個で70g前後くらいでしょうか。

パンのサイズやご飯の量で異なりますが、糖質制限ダイエットに向かないのは確かです。

白身魚フライの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に白身魚フライの脂質を見ていきましょう。

  • 白身魚フライの脂質:10.4g/1切れあたり

揚げ物という時点で想像のつく方も多いでしょう。そう、白身魚フライは油をたっぷり吸いこんでいますから、脂質は高くなります。幸いにもタラやスケトウダラといった白身魚は100gあたり1g以下と脂質が低いため、1個で脂質オーバーは無いと思われますが、レシピによっては油の量なども変わってきますし警戒はしておきましょう。

ちなみに、タルタルソースは多くがマヨネーズで出来ているため、こちらも高脂質です。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.