1. ダイエットレスキュー
  2. 食品かまぼこのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

かまぼこのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

かまぼこ

かまぼこはタラやサメ、イトヨリ、ベラなどの白身魚を使って作られる練り製品。表札のような厚みのある木の板に乗っていることが多く、かまぼこ自体の形状は基本的に半円形です。また、他にも笹のような形をした笹かまぼこや、赤く色づけしたかにかまぼこなどが存在します。今回はそんなかまぼこのカロリーや糖質を紹介しましょう。

かまぼこのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

かまぼこには一般的な蒸しかまぼこを始め、かにかまや笹かまぼこなど様々な種類が存在します。まずは、それぞれのカロリーを確かめていきましょう。

かまぼこの種類カロリー(100gあたり)
蒸しかまぼこ95kcal
かにかま90kcal
笹かまぼこ103kcal
なると80kcal

一般的なかまぼこが蒸しかまぼこ、なるとは名前こそ違うものの、つなぎを多めに入れたかまぼこのことです。こうしてみると、どれもそう変わらないカロリー量ですね。笹かまぼこが少しだけ高カロリーですが、蒸しかまぼことの差は10kcal以下。この程度の差であれば、好きな方を選んで問題ないでしょう。

スーパーなどで売られている商品の重量は、蒸しかまぼこで1本150g前後だと思われます。つまり、1本まるまる食べると140kcal前後を摂取することになりますが、かまぼこ1本をまるまる食べる機会は滅多にないでしょう。普通は1食で数切れ程度の摂取だと思われます。
笹かまぼこも1枚あたりなら30kcal前後ですし、なるとは本当に微量しか使用しないことが多いです。このことから、かまぼこの摂取がダイエット失敗に繋がることは少ないと思われます。

かまぼこの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

かまぼこの栄養成分で見誤りがちなのが糖質です。詳しい説明は後にして、まずは各かまぼこの糖質を見ていきましょう。

かまぼこの種類糖質(100gあたり)
蒸しかまぼこ9.7g
かにかま9.2g
笹かまぼこ7.4g
なると11.6g

このように、かまぼこの糖質は全体的に低くない数字。決して高糖質ではないものの、食べ過ぎには注意したいところです。かまぼこは糖質が低いことで有名な魚類を主原料にしているため、糖質が低い食品と勘違いされがちですが、実は加工段階で澱粉などを用いることから実際の糖質は低くありません。

これを見誤って食べ過ぎてしまうと、知らず知らずのうちに糖質オーバーを起こしていることも。今まで低糖質な食品だと考えていた方は、これを機にきちんと覚えておきましょう。

かまぼこの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最近はカロリーだけでなく脂質に注目する方も増えていますので、ここからはかまぼこの脂質について紹介します。

かまぼこの種類脂質(100gあたり)
蒸しかまぼこ0.9g
かにかま0.5g
笹かまぼこ1g
なると0.4g

脂質については特に問題なさそうですね。どのかまぼこにしても非常に低脂質ですので、脂質を気にする方でも安心して口にできそうです。ちなみに、脂質の摂取目安量は成人男性で1食あたり20g前後、成人女性で16g前後となります。つまり、かまぼこによる脂質オーバーは考えにくいです。

おすすめのかまぼこ摂取方法

ポイントを教える女性

かまぼこはカロリーや脂質が低めで糖質もそこそこ。このことからダイエット向けと言える食品ですが、調理方法によってはカロリーや糖質が高くなるため注意が必要です。たとえば、バターやチーズを用いた料理や揚げ物系はカロリーや脂質が高めになります。かまぼこのレシピには揚げ物が多いため、相性は良いのだと思われますが、カロリー制限中なら我慢したほうがいいでしょう。

おすすめの食べ方としては三つ葉などの野菜類と組み合わせてサラダを作ること。かまぼこだけだと偏りがちな栄養も、野菜類が入ることである程度バランスよくなるでしょう。他にも大根や大葉、えのきなど様々な野菜との組み合わせレシピがネット上には掲載されています。どう食べようか迷ったら、ネット情報を参考にするのも良いと思いますよ。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.