1. ダイエットレスキュー
  2. 食品カキフライのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

カキフライのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

カキフライ

カキフライは海鮮物の方のカキを揚げた料理のこと。カキを塩水で洗い、下味や衣をつけてから揚げるだけで完成することもあり、最もメジャーなカキ料理と言えるかもしれません。また、、ご飯の上にカキフライを乗せ、卵でとじたカキフライ丼も存在します。

今回はそんなカキフライのカロリー、糖質、脂質を見ていきましょう。

カキフライのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはカキフライのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
カキフライ196kcal
エビフライ292kcal
イカフライ216kcal
アジフライ215kcal

今回は同じく海鮮物の揚げ物であるエビフライなどとカロリーを比較してみました。また、素材の大きさやレシピで重さが変わってしまうため、すべて100gあたりの数値を記載しています。

一般的なサイズのカキフライなら、1個のサイズは30g前後でしょうか。つまり、1個あたり59kcal前後です。1個でみるとカロリーは低めと言えそうですが、カキフライは2口か3口くらいで食べられてしまうため、ついつい次へ次へと手が伸びてしまいます。

気が付けば5個6個なんてことも少なくありません。成人男性の1食分が600~700kcalですので、6個程度の摂取ならまだ余裕はありますが、ご飯やサラダ、スープ類などをセットにするなら3個か4個程度の摂取に収めたいところです。

ちなみに、揚げ物にする前のカキは100gあたり60kcalしかありません。衣をつけて揚げるだけで、いかにカロリーが高くなるかお分かりいただけるでしょう。実際、他の魚介類も素材のカロリーは低めです。

カキフライの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にカキフライの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
カキフライ12.4g
エビフライ18.1g
イカフライ9.3g
アジフライ6.7g

カキフライ100gは3個か4個分ですので、糖質は低い方と言えるでしょう。1個あたりなら3.7g程度しかありません。ただ、もともとのカキと比べてしまうとやや高糖質で、調理前のカキは100gあたり4.7gしか糖質を持たないのです。

フライになることで8g近くもの糖質アップがあるのは、衣が小麦粉やパン粉などで出来ているためでしょう。食べ過ぎとソースのかけすぎにさえ注意すれば糖質制限ダイエット中でも摂取できる料理ですが、もとのカキに比べて高糖質になっていることは覚えておきましょう。

カキと変わらない糖質量だと勘違いして食べ過ぎれば、糖質オーバーの危険性もあります。

カキフライの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にカキフライの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
カキフライ12.6g
エビフライ20.3g
イカフライ12.4g
アジフライ12.3g

揚げ物ということで脂質が高めなのは皆さんも想像がついたでしょう。肉類などと比べればそう高くはないものの、もともとのカキは100gあたり1.4gしか脂質を含みません。つまり、揚げ油のせいで10g以上も脂質が増えてしまったわけでうs。

さて、脂質は1食の摂取目安が16~20g前後です。カキフライが1個で30gなら脂質は3.8gほどですから、4~5個くらいが摂取目安でしょうか。ただ、他のおかずのことも考えると3個程度に抑えておくのが無難かもしれません。

カキフライに関する注意点

ポイントを教える女性

ダイエット中にカキフライを食べるなら、絶対に覚えておいてほしいのはタルタルソースのカロリーと脂質が高いことです。カキフライにタルタルソースは定番の組み合わせですが、あのソースはマヨネーズを中心に作りますので、100gあたり300kcal近くあります。

ですので、ダイエット中の使用は控えめに。カロリーや脂質を増やさずにいただくなら、レモンを少しだけかけるのがいいでしょう。

また、自分で作るときは揚げるのではなく焼いて完成させるのがおすすめ。フライパンなどで焼けば油の使用量を減らせますからカロリーや脂質の低減が期待されます。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.