1. ダイエットレスキュー
  2. 食品するめのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

するめのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

するめ

するめは内臓を取り除いたイカを乾燥させた食品のこと。いわゆる乾き物で味が濃い目なことから、よくお酒のおつまみとして用いられます。イカの姿そのままよりは、食べやすいサイズにカットした商品が多いですね。今回はそんな、するめのカロリーや糖質などについて紹介しますので、よく口にする方は参考にしてみてください。

するめのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像
するめはイカを乾燥させたものですので、一般的なイカよりも重さに対するカロリーが高めです。

種類カロリー(100gあたり)
するめ334kcal
イカ88kcal

その差はなんと4倍程度。もともとのイカであれば低カロリーと言えるのですが、するめの方はお世辞にも低カロリーとは言えません。むしろ、高カロリーな食品に入る数字かと。一般的な成人男性が1食に摂取するカロリーが700kcal前後、女性なら600kcal前後ですので、するめ100gも食べれば1食分の半分程度か、それ以上を摂取することになってしまいます。

それでいて、するめは味が濃い目なことから食べ始めると止まらない食べ物です。一応は乾燥前のイカよりも噛みごたえがあるため、噛むのに時間がかかったり、噛むことで満腹中枢が刺激されるというメリットがあるものの、意識しないとすぐに食べ過ぎてしまうので気を付けてください。カロリー制限中ならせいぜい50g程度が限度でしょうか。

するめの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

魚介類は全体的に糖質が低めとされており、イカも例外ではありません。そのため、するめの糖質も低めです。

種類糖質(100gあたり)
するめ0.4g
イカ0.1g

増加率で言えば4倍にもなっているわけですが、元の数字が非常に低いことから、乾燥した後も大した糖質量にはなりません。スタンダードな糖質制限だと1食あたりの糖質量を40g以下に納めなくてはなりませんが、するめであれば10kg食べてもギリギリ収まるわけですから、糖質について気にする必要はないと言えるでしょう。

それでいて、するめにはタンパク質を始め、ビタミン類やカルシウムなどのミネラル類が含まれます。そのため、適量の摂取であれば栄養補給効果も期待できるかもしれません。イカやするめは糖質が低く、糖質制限ダイエットに利用しやすい食品だと覚えておいてください。

するめの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

さて、カロリー、糖質ときたら脂質も気になるところですね。するめの脂質はどの程度なのでしょうか。

種類脂質(100gあたり)
するめ4.3g
イカ1.2g

脂質の摂取目安が男性なら1食あたり20g前後、女性なら16g前後ですので、するめは低脂質な方と言えそうです。イカと違い極端な低さはありませんが、脂質の摂取目安をオーバーせずに摂取できそうなくらいには低いです。問題があるとすれば、マヨネーズをかけると脂質が一気に高くなることでしょうか。

するめにマヨネーズをかけて食べる方も少なくないようですが、マヨネーズは100gに75.3gもの脂質を含んでいますので、脂質を気にするなら控えた方がいいでしょう。また、マヨネーズは100gで703kcalある、カロリー的にも問題となる調味料です。

するめを食べる時の注意点

ポイントを教える女性

まず、するめは食べ過ぎないこと。糖質制限的に見れば問題ないとはいえ、塩分の問題もありますし、ほどほどの量にしておくのがいいでしょう。また、するめと言えばお酒と一緒にいただくことが多いと思います。

しかし、お酒は高カロリー、高糖質なことが多め。特にビールなどはポピュラーなお酒でありながら、けっこうなカロリーと糖質を含有していますので、飲みすぎにはくれぐれも気を付けてください。

アルコールが入ると自制心がきかなくなることから、するめを大量に摂取してしまう恐れもありますね。これを防止するために、家飲みであれば初めから購入するお酒とするめの量を少なめにしておきましょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.