1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ピーマンの肉詰めのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ピーマンの肉詰めのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰めは半分に切り種を取り除いたピーマンに挽肉や玉ねぎを詰めた料理。ピーマンというパーカーを羽織ったハンバーグだと考えるのが分かりやすいでしょう。子供が嫌いな食品代表のピーマンと、大好きなハンバーグを組み合わせた、ある意味画期的な料理です。

今回はそんなピーマンの肉詰めのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

ピーマンの肉詰めのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはピーマンの肉詰めのカロリーから見ていきましょう。

  • ピーマンの肉詰めのカロリー:133kcal/100gあたり

使用する挽肉の種類や分量、味付けなどで異なりますがピーマンの肉詰めは100gあたり133kcalと言われています。ピーマンが100gあたり22kcalと非常に低カロリーなだけあり、ハンバーグの100gあたり223kcalと比較すれば100kcal近くも低いです。

ただ、ピーマンを使った料理の割にカロリーが高いのも事実で、ヘルシーだと思って食べ過ぎてしまえばカロリーオーバーの元になるでしょう。おそらく、通常サイズで1個あたり50~60g前後はあります。1食分は多くても3個か4個程度にしておきましょう。

ちなみに、カロリーを抑えるなら牛や豚ではなく鶏挽肉を使うのがおすすめです。

ピーマンの肉詰めの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にピーマンの肉詰めの糖質を見ていきましょう。

  • ピーマンの肉詰めの糖質:8g/100gあたり

ピーマンの肉詰めの糖質は100gあたり8gとされますが、これは味付けによって異なると考えてください。というのも、挽肉は種類を問わず100gあたり1g以下の糖質しか含みません。加えて、ピーマンも100gあたり2.8gと低糖質です。

そして、今回はソースなどを使った味付けを想定しています。これを、ソースよりは糖質の低い醤油に切り替えたり、塩コショウのみにすることで糖質は下がるでしょう。

とはいえ、100gあたり8gの時点で糖質は低い方です。1食に10個など大量の摂取でなければ問題はないでしょう。

ピーマンの肉詰めの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後にピーマンの肉詰めの脂質を見ていきましょう。

  • ピーマンの肉詰めの脂質:6.5g/100gあたり

1食分の脂質が16~20gとされるのに対して、100gあたり6.5gの脂質量ですから、やや注意が必要でしょう。カロリーと同じく多くても3個か4個程度の摂取で我慢するのがよさそうです。

ちなみに、脂質量は使用する肉の種類で大きく変わります。牛挽肉だと100gあたり15.1gもの脂質を含みますが、鶏挽肉なら100gあたり8.3gしか脂質を含みません。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.