1. ダイエットレスキュー
  2. 食品大根サラダのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

大根サラダのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

大根サラダ

千切りにした大根の水分を軽く切り、醤油やドレッシングなどで味付けするのが大根サラダです。シンプルながら人気の高い料理で、今やネット上には様々なレシピが存在し、レシピごとに使用する材料が異なります。

今回はそんな大根サラダのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

大根サラダのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずは大根サラダのカロリーから見ていきましょう。

  • 大根サラダのカロリー:30kcal/100gあたり

大根100gが18kcalしかありませんから、シンプルにドレッシングで味付けをした場合は上記くらいのカロリー量でしょう。もし大根1本分(900g)を食べたとしても270kcalで済みますね。ダイエット中でも気軽に食べられる一品と言えそうです。

ただ、必ずしも大根サラダが低カロリーとは限りません。たとえば、いくつかのレシピを見ているとツナやマヨネーズなど高カロリーな食品を使用したものも見受けられます。この場合は100gあたり100kcal程度になってしまう可能性もあるでしょう。

ダイエット中に食べるのであればカロリーの高い食材は避け、出来ることなら大根と少しの味付けだけでいただくようにしてください。

大根サラダの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次に大根サラダの糖質を見ていきましょう。

  • 大根サラダの糖質:4.6g/100gあたり

大根100gの糖質が2.8gですので、調味料を加えた分、少し糖質が高くなったと考えてください。とはいえ、100gあたり5g以下ですので低糖質と言って差し支えないでしょう。

さすがに大根1本分(900g)の摂取は難しいものの、常識的な量なら特に問題はありません。ただ、大根だけだと食べているうちに飽きてしまいますし、栄養バランス的にも良好とは言えません。

そこで、にんじんや玉ねぎ、キャベツなどの野菜を混ぜてみるのもおすすめです。また、糖質的にはツナやマヨネーズなどを加えても大丈夫でしょう。

大根サラダの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

最後に大根サラダの脂質を見ていきましょう。

  • 大根サラダの脂質:0.2g/100gあたり

大根は100gあたり0.1gしか脂質を含みませんので、ノンオイルのドレッシングで味付けすれば上記くらいの脂質量で済むでしょう。当然ながら、この程度の脂質量なら全く問題はありません。脂質を気にせず好きなだけ食べることができます。

ただ、こってりした油たっぷりのドレッシングやマヨネーズをかければ脂質は高くなります。また、野菜類は問題ありませんが、ツナ缶などは脂質量が高めです。脂質を制限している方はこれらの点に気を付けてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2020 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.