1. ダイエットレスキュー
  2. 食品キムチ鍋のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

キムチ鍋のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

キムチ鍋

キムチ鍋はキムチの辛みが食欲を誘う鍋料理のこと。辛いものには体を温める効果があると言われることから、冬場に重宝する一品です。最近ではキムチ鍋の素がスーパーなどで販売されているため、自宅で簡単に楽しめるのもいいですね。

今回はそんなキムチ鍋のカロリー、糖質、脂質を紹介します。

キムチ鍋のカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはキムチ鍋のカロリーから見ていきましょう。

  • キムチ鍋のカロリー:280kcal/1人前

キムチ鍋は1人前で280kcalと言われていますが、これは具材や分量で変わると考えてください。そもそも、鍋の1人前というのはやや不安定な部分があります。数人前の鍋から好きな具材をよそって食べるシステムですから、同じ1人前でも人によって量や具材のバランスが変わってくるでしょう。

キムチ鍋に使われる具材のカロリーは以下のようになります。

キムチ鍋の具材カロリー(100gあたり)
豚バラ肉386kcal
白菜14kcal
ネギ28kcal
ニラ21kcal
豆腐56kcal

上記の表から分かるように、とにかく豚肉のカロリーが高いです。味付けの問題もあるので一概には言えませんが、豚肉をあまり取らないようにすれば、キムチ鍋から摂取するカロリーは減少するでしょう。

ちなみに、キムチ鍋の素のカロリーが100mlあたり89kcalくらいです。4人前作るのに必要な量が300ml前後ですので、1人前に対するカロリーは67kcal程度しかありません。スープのカロリーはそこまで気にせずとも大丈夫そうです。

キムチ鍋の糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にキムチ鍋の糖質を見ていきましょう。

  • キムチ鍋の糖質:4.6g/1人前

こちらも1人前の量によりますが、基本的に糖質は低めだと考えて大丈夫です。というのも、キムチ鍋に使われる材料の多くは糖質が低め。これについては具体的な数字を見てもらうのが早いでしょう。

キムチ鍋の具材糖質(100gあたり)
豚バラ肉0.1g
白菜1.9g
ネギ5.0g
ニラ1.3g
豆腐1.7g

ネギの糖質が少しだけ高いものの、他は100gあたり2g以下。豚肉については0.1gとほとんど糖質を含みません。ネギもこの中では糖質が高いだけであって食品全体で見れば低糖質な方ですから、警戒するほどでもないでしょう。

ジャガイモなど糖質の高い食品さえ加えなければ、キムチ鍋は実に糖質制限向けの料理と言えます。ただ、注する点が2つほど。1つはキムチ鍋の素の糖質が意外と高いことで、スープを飲み干せば摂取糖質がやや高めになってしまうかもしれません。

もう1つはシメの雑炊やうどんを食べないこと。これらは糖質の塊のような食品です。雑炊が無いと鍋を食べた気がしないという気持ちも分かりますが、卵を落として終わらせる程度で我慢してください。

キムチ鍋の脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にキムチ鍋の脂質を見ていきましょう。

  • キムチ鍋の脂質:21.8g/1人前

キムチ鍋の脂質は高めで、1人前だと21.8gあるとされています。これは成人男性が1食に摂取できる脂質量を超える数字です。ただ、脂質についてもどの具材を取るかで変わってくるでしょう。

以下がキムチ鍋に使われる具材の脂質です。

キムチ鍋の具材脂質(100gあたり)
豚バラ肉34.6g
白菜0.1g
ネギ0.1g
ニラ0.3g
豆腐3.0g

要はカロリーと同じで豚肉を取ればとるほどに摂取脂質は高くなってしまいます。逆に豚肉の量を抑えれば脂質的には問題ないでしょう。キムチ鍋の素に含まれる脂質は100mlあたり1g前後です。

キムチ鍋は食べ過ぎに注意

ポイントを教える女性

ダイエット中ならどんな料理でも食べ過ぎに注意すべきですが、キムチ鍋の場合は特にです。というのも、キムチ鍋の持つ辛みには食欲を増進させる効果があると言われています。そのため、意識して摂取量を抑えないと、ついつい食べ過ぎてカロリーオーバーを起こす恐れもあるのです。

どうしても食欲が抑えられないという方は豚肉を少なめにし、野菜類をたっぷり入れるといいかもしれません。これなら多少は食べ過ぎてもカロリーオーバーにならないでしょう。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.