1. ダイエットレスキュー
  2. 食品ローストビーフのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

ローストビーフのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

ローストビーフ

ローストビーフはブロック状の牛肉をオーブンで蒸し焼きにした料理のこと。蒸しすぎず赤みを残すのが美味しく作るコツで、サンドイッチの具材などに用いられることもあります。イギリスでは日曜日の午後にローストビーフを食べるのが伝統です。

今回はそんなローストビーフのカロリー、糖質、脂質を紹介します。

ローストビーフのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはローストビーフのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
ローストビーフ196kcal
ローストポーク270kcal
ローストチキン184kcal

調理法は異なりますが、今回は豚肉や鶏肉のローストとカロリーを比較してみました。こうしてみると分かるように、ローストビーフはローストポークよりも低カロリーです。

牛肉は豚肉よりもカロリーの高いイメージがあるものですが、ローストビーフに使われる部位は赤みが多く脂肪分の少ない牛もも肉などですので、カロリーは自然と低くなります。

ただ、それでもチキンよりは高カロリーなあたりが牛肉らしさでしょう。しかし、牛ヒレ肉を使えばローストチキンより低カロリーも可能かもしれません。ただ、牛ヒレ肉は厚みがなくローストビーフには向かないという意見もあります。

ちなみに、ローストビーフは牛肉を使った料理にしてはカロリーが低いだけであり、料理全体から見ればそこまで低くはありません。ですので、食べすぎには気を付けてください。

ローストビーフの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にローストビーフの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
ローストビーフ0.9g
ローストポーク1.0g
ローストチキン4.3g

牛肉や鶏肉などの肉類が糖質をほとんど含まないことは、糖質制限ダイエットにおける常識です。加えて、ローストビーフの場合は使用する調味料なども少なめですから、糖質がそう高くなることはありません。

100gあたり0.9gしかなければ、4kg食べても糖質36gであり、スタンダード糖質制限の1食分(40g)に収まります。そのため、ローストビーフの摂取において糖質だけは気にせずとも平気でしょう。

もちろん、サンドイッチやジャガイモ添えなどは糖質が高くなるので糖質制限中は控えてください。ローストビーフだけで寂しいと思えば、ブロッコリーやニンジン、グリーンピースなどの野菜を添えておきましょう。コーンとの相性も良いのですが、あれは糖質がやや高めですので我慢してください。

ちなみに、ローストチキンの糖質が少し高めなのは、調理時にいろいろと調味料を用いるためでしょう。

ローストビーフの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にローストビーフの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
ローストビーフ11.7g
ローストポーク21.0g
ローストチキン13.0g

3つのロースト料理の中では低脂質ですが、それでも料理全体でみるとローストビーフの脂質は高めです。女性だと1食あたり16g程度しか脂質を摂取できませんので、ローストビーフを食べるなら他のおかずは低脂質なものにしておきましょう。

なお、パンの脂質が低いことから脂質的に考えればサンドイッチにしてもかまいません。ただ、マーガリンをたっぷり塗ったり、マヨネーズで味付けするのはやめておきましょう。

ちなみに、牛ヒレ肉なら脂質は100gあたり4.8gです。ヒレ肉はローストビーフに向かないとされますが、脂質を抑えたい方はチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

味付けは塩コショウがおすすめ

ポイントを教える女性

ローストビーフはバターや肉汁を使ったグレービーソース、サワークリームなどとの相性が良いです。しかし、これらのソースは基本的にカロリーが高く、ダイエットにはあまり向きません。

ですので、カロリー制限でダイエット中の方は塩コショウやハーブソルトなどシンプルでカロリーの低い調味料を使うようにしてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.