1. ダイエットレスキュー
  2. 食品スクランブルエッグのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

スクランブルエッグのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

スクランブルエッグ

スクランブルエッグは溶き卵に牛乳やクリームなどを混ぜ、フライパンで焼いた料理のこと。調理工程だけ見ると卵焼きに近いものを感じますが、スクランブルエッグの場合はフライパンの上でかき混ぜるため、完成品は形の崩れたものになります。

今回はそんなスクランブルエッグのカロリー、糖質、脂質を見ていきましょう。

スクランブルエッグのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはスクランブルエッグのカロリーから見ていきましょう。

卵料理の種類カロリー(100gあたり)
スクランブルエッグ179kcal
卵焼き206kcal
目玉焼き195kcal
ゆで卵151kcal

スクランブルエッグは卵料理の中でも平均的なカロリー量と言えるでしょう。ゆで卵のようにほぼ手を加えない料理よりは高カロリーですが、卵焼きや目玉焼きよりはカロリーが低めです。特に味付けをしない目玉焼きのカロリーが高いのはフライパンに油を敷くためです。

卵の重さが1個60gで、スクランブルエッグには牛乳やクリームなども加えますから卵1個分が80gくらいでしょうか。朝食などで作るときは卵2個くらい使うことが多いため、1人前は160g前後。つまり、286kcalくらいです。

やはり、卵を使っているためカロリーはやや高めです。ここにトーストや牛乳、サラダなどが加われば600kcal前後にはなってしまいます。

ちなみに、スクランブルエッグは牛乳やクリームの代わりにマヨネーズを入れても美味しいとされます。しかし、マヨネーズは100gあたり700kcal以上もある調味料ですから、無難に牛乳やクリームを使いましょう。カロリー的に考えると、クリームもなしで牛乳が最良です。

スクランブルエッグの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にスクランブルエッグの糖質を見ていきましょう。

卵料理の種類糖質(100gあたり)
スクランブルエッグ1.2g
卵焼き6.6g
目玉焼き0.8g
ゆで卵0.3g

卵にバター、塩コショウなど糖質をほとんど含まない材料で構成されるため、スクランブルエッグは低糖質な料理です。卵焼きのように砂糖を用いて甘めの味付けをすることも少ないですし、牛乳も100gあたり4.8gと低糖質な方です。

そのため、スクランブルエッグは実に糖質制限向けの料理と言えます。糖質制限中だと朝食にパンを食べるのが難しいため、代わりにスクランブルエッグの量を多めにするといいかもしれません。

目玉焼きやゆで卵と共に糖質制限へと取り入れましょう。ただし、ケチャップやソースなどのかけすぎはよくありません。あれらの調味料は意外と糖質が高いので気を付けてください。

スクランブルエッグの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にスクランブルエッグの脂質を見ていきましょう。

卵料理の種類脂質(100gあたり)
スクランブルエッグ14.3g
卵焼き14.4g
目玉焼き15.4g
ゆで卵10.0g

卵100gが約10gの脂質を持つため、卵を使った料理はどうしても脂質が高めになってしまいます。加えて、スクランブルエッグの場合はクリームや牛乳、バターなど脂質の高い食品を用いるわけですから、卵の脂質よりさらに数字は高くなります。

もちろん、クリームの代わりにマヨネーズを加えるレシピも同じく高脂質です。脂質を抑えたい方はクリームやマヨネーズ、バターなど脂質の高い食品を避け、出来るだけサッパリとしたスクランブルエッグを目指しましょう。

チーズやベーコンは加えないのが吉

ポイントを教える女性

スクランブルエッグのレシピをいくつか見ていると、チーズやベーコンなどを加えるものがあると分かります。しかし、チーズにしてもベーコンにしてもカロリーや脂質が高いわけですから、ダイエット中は避けた方がいいでしょう。

もし、チーズやベーコンをたっぷり加えたスクランブルエッグが好きなら、カロリー制限ではなく糖質制限ダイエットに切り替えるべきかもしれません。糖質制限であれば、チーズやベーコンを加えても問題ないです。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.