1. ダイエットレスキュー
  2. 食品チヂミのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

2018/02/15更新

チヂミのカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

チヂミ

チヂミは簡単に言ってしまえば韓国版のお好み焼き的な存在。溶いた小麦粉にタマネギやニラ、ニンジンなどの具材を混ぜ、油をやや多めに引いたフライパンの上で焼き上げます。ちなみに、キムチが入ったものはキミチチヂミと呼ばれます。

今回はそんなチヂミのカロリー、糖質、脂質を紹介しましょう。

チヂミのカロリーは高め?太る?痩せる?

カロリーのイメージ画像

まずはチヂミのカロリーから見ていきましょう。

種類カロリー(100gあたり)
チヂミ164kcal
キムチチヂミ206kcal
お好み焼き230kcal
たこ焼き257kcal

今回はいわゆる粉物と呼ばれる料理と比較してみました。やはり、100gあたり368kcalもある小麦粉がたっぷりと使われますから、どれもカロリーは高めです。その中でも見るとチヂミはやや低カロリーに見えますが、これは非常に多くの食材が入るため100gあたりの数字が低いだけで、チヂミ1人前は400~500g程度あります。

つまり、656~820kcalくらいは覚悟するべきです。これは、成人男性の1食分とされる600~700kcalをやや超えてしまいそうな数字ですので、カロリー制限中の方は摂取量に気を付けてください。

ちなみに、チヂミの材料でカロリーが高いのは小麦粉と油です。チヂミは普通の焼き物と違い、揚げるかのように多めの油で調理するため仕方ないと言えば仕方ないのですが、そのカロリーの1/3くらいは油にあると言われています。

ダイエット中でもチヂミが食べたいと思う方は油の量を少なめに。少ない油では本格的なチヂミが作れないという意見もあるとは思いますが、ダイエットとチヂミの本格度。どちらが重要か天秤にかけてみてください。

チヂミの糖質は?糖質制限ダイエット向き?

糖質のイメージ画像

次にチヂミの糖質を見ていきましょう。

種類糖質(100gあたり)
チヂミ12.9g
キムチチヂミ22.4g
お好み焼き24.0g
たこ焼き34.9g

小麦粉をたっぷり使うという時点で想像のついた方も多いでしょう。その想像通り、チヂミは他の粉物同様に糖質が高いです。上記の表だけ見るとチヂミはやや低めの糖質量に見えますが、先ほども言ったように様々な具材が入るため100gあたりの数字が低くなっているだけで、1人前が400~500gあるのですから十分に高糖質です。

つまり、チヂミの糖質は1人前で51.6~64.5gであり、これはスタンダード糖質制限の1食分である40gを軽々と超えています。他の粉物にも言えることですが、とにかく糖質が高すぎますので糖質制限中は避けるようにしてください。

もし、糖質制限中でもチヂミを我慢できないなら小麦粉ではなく大豆粉やおからパウダーなど糖質の低い粉類を使うのがいいでしょう。それをチヂミと呼べるのかはやや疑問ですが、糖質は確実に下がります。

チヂミの脂質はどのくらい?

脂質のイメージ画像

次にチヂミの脂質を見ていきましょう。

種類脂質(100gあたり)
チヂミ8.4g
キムチチヂミ10.0g
お好み焼き9.7g
たこ焼き6.6g

油をたっぷり使って揚げるように焼き上げるチヂミは当然ながら脂質も高いです。1人前が400~500gですので、脂質は33.6~42gも含まれることになります。

それでいて、1食に摂取できる脂質量は成人男性でも20g前後です。やや大きめのチヂミなら1人前で2食分の脂質を摂取する羽目になります。要は、チヂミはカロリー、糖質、脂質の全てにおいて高い数字を持つ食品です。もちろん、キムチチヂミも同様ですのでダイエット中は気を付けましょう。

油少なめでカロリーと脂質を抑える

ポイントを教える女性

チヂミの糖質を抑えるには小麦粉を大豆粉などに置き換えると糖質の項目で説明しました。では、カロリーや脂質を抑えるにはどうするか。これは簡単なことで、とにかく油の使用量を抑えてください。

チヂミといえば油たっぷりでサクサク感を出すわけですが、油が少なければ絶対に上手くできないわけでもありません。実際、油なしでチヂミを作るレシピも存在するくらいです。油の使用量が少なくなれば、1人前で500kcal以下も可能でしょう。ぜひ、いろいろなレシピを参考にヘルシーなチヂミを作り上げてください。

あなたも誰かをダイエットレスキュー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

© 2019 ダイエットレスキュー All Rights Reserved.